だるま屋の評価・評判

darumaya サイト名だるま屋
公式サイト http://daruma-ya.net/
販売業者だるま屋
運営責任者堂本 清
電話番号0120-938-434
メールアドレスdoumoto@daruma-ya.net
所在地東京都中央区銀座8丁目15-5
IPアドレス133.18.9.109
運営組織カゴヤ・ジャパン株式会社
ドメイン取得日2012年04月18日

だるま屋の評価を検証してみた

だるま屋という競馬予想サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

伝達方法が電話

だるま屋の提供内容を見てみると、何かと電話でのやり取りを要求しているように感じました。

だるま屋_伝達方法

大抵の競馬予想サイトならメールで運営側から買い目情報が送られますが、だるま屋では買い目情報を電話で伝えられるそうです。
さらに、この電話も運営側からかけてくるのではなく、会員から電話をかけて買い目情報を聞かないといけないようです。

これまでの検証でも言っているように、電話でやり取りが発生するようなサイトは悪徳サイトである可能性が高いので注意が必要です。
他の競馬予想サイトのようにメールのやり取りだけでも十分サービスを提供できるのに、電話番号が運営側に知られてしまった場合、業者から電話がかかってくる可能性もあるからです。
いつもメールで来ているようなキャンペーンなどのお知らせを電話で知らされた場合、業者の口車に乗せられて購入してしまう人は少なくないはずです。
業者はその道のプロなので、口がうまく、会員がメリットを感じるような話で誘ってくるそうです。
(だるま屋のように会員ランクがあるサイトは「特別に会員ランクを上げる」などの誘いが多いようです。)

断っても引かずに購入を薦めてくるしつこい業者もいるようで、一度は断れても結局押しに負けて買ってしまう方もいるようです。
メールなら、メールをシカトするだけでいいので本当に気になったものだけ購入すればいいですが、電話ではそうはいきません。

だるま屋がこういった営業を仕掛けてくるかはわかりませんが、電話番号を要求されるようなサイトはこういった事例があるので、しっかり判断できる自信のある人以外は登録を控えた方がいいかもしれません。

特定商取引法に基づく表示に違和感

だるま屋の住所を調べてみました。
表示されたのは3階建ての建物でした。

だるま屋_住所の建物

玄関らしきドアの前に教室にあったような椅子が置いてあるのがミステリアスな建物ですが、ここはビルのようで物件情報も出てきました。

だるま屋_住所の物件

ビルなら、階数や部屋番号などの表記が必要になるかと思いますが、どうしてその表記をしていないのでしょうか。

しかも、だるま屋は明治時代から続く老舗料亭だったはずです。
この住所の建物は、サイトトップの画像の様な老舗料亭の建物とは全くの別物です。
明治時代から続いていたお店を売り払ってこちらに移動したのでしょうか。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも600を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは全体の5%もありません。

570サイトは悪徳競馬予想サイトなのです。

95%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。

リーク馬券 | 文句無し!2018年4月、最も管理人が稼いだサイト。

【05月19日】

新潟07R 極ランク・最高機密馬券 1,801,900円
新潟11R 秀ランク・一諾千金馬券B 118,620円
東京11R 極ランク・天馬馬券 23,700円

【05月20日】

新潟07R 極ランク・最高機密馬券 830,010円
新潟09R 極ランク・天馬馬券 52,710円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【05月19日】

京都07R 4歳上500万下 182,860円
京都09R メルボルンT 807,520円

【05月20日】

京都09R 御室特別 1,128,320円
京都11R 下鴨ステークス 282,550円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

UMANAVI | 300万円より30万。固く利益を積み上げる競馬予想サイト。

【05月19日】

東京06R 4歳上500万下 845,880円

【05月20日】

新潟10R 高田城特別 467,400円
新潟11R 韋駄天ステークス 461,000円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

先週も相変わらず全体的に好調でした。5月度のG1も中盤に差し掛かりました。各サイト気合を入れて調子をキープしています。この感じなら今後もさらに期待できそうです。

登録して無料予想をチェックするだけで、優良な競馬予想サイトと悪質な競馬予想サイトの違いはすぐにわかると思います。是非一度お試しください。

だるま屋の口コミ評価

匿名

結構昔からあるサイト?
使ったことある人いるのかな?
いたら感想きかせて下さい。
あたってますか?

だるま屋に関する口コミを募集しています!

だるま屋という競馬情報サイトを知っている方がいましたら口コミ投稿フォームより口コミを投稿して下さい。競馬予想サイトの中には、悪質な詐欺行為によってユーザーから多額のお金を騙し取っている会社が数多く存在しています。当サイトでも悪徳競馬予想サイトの被害に遭ってしまった方からの悪評口コミの投稿が増えています。詐欺の被害者が出ていることはとても残念なことですが、被害者の方からの悪評口コミは次の被害者を減らす上で大変貴重な情報になります。もし、悪徳詐欺競馬予想サイトの被害に遭ってしまった方がいましたら、是非詐欺の手口や体験談などを添えてご投稿頂けたら幸いです。被害者の方の意見を聞いてから判断するのではなく、被害に遭わないようにご自身でも、優良サイトと悪徳サイトを見極める力を付けることも大切です。悪徳競馬予想サイトは、予想している人が素人であることが多く、予想も適当なので全く的中しません。しかし、サイトにはユーザーを惹きつけるために、嘘の的中実績を掲載し、的中率や回収率も偽ってかなり高い数値で掲載しています。異常に的中率や回収率が高いサイトには注意しましょう。また、サポートの対応や、不的中の際のフォローなどがあるかどうかも判断材料になります。悪徳競馬予想サイトは情報料が取れれば問題ないので、サポートを疎かにしているところも少なくありません。サポートの対応が適当だったらそのサイトは疑った方がいいでしょう。その他にも、信頼を得るために、社員や予想家の写真を掲載するところもありますが、これらの人物を捏造しているサイトもあります。もし有料情報や無料情報を利用したことがある方がいましたら、これらの特徴に当てはまるところがなかったか、当てはまっていた場合は、ご自身の評価と共に是非ご共有頂けたら幸いです。まだ利用したことが無い方も、周りで聞いた噂や評判、サイトを見て感じた違和感や疑問点などがありましたら是非ご投稿お願いします。当サイトでも比較・検証を続けておりますが、皆様のお力添えを頂くことで悪徳競馬予想サイト撲滅に近づくことができます。是非ご協力よろしくお願いします。

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

だるま屋は以下のサイトと同一の運営者である可能性があります。

だるま屋の無料予想・無料情報

だるま屋が独自に仕入れた有益な情報を「だるま指数」として無料公開。
馬券に美味しく絡む馬を3頭選び出し、それぞれの馬の信頼度を数値化。
毎週土日の競馬開催日に無料で配信。

だるま屋の有料情報・キャンペーン詳細

提供情報:馬単1点情報
三連単3点情報
※原則1日1レース以上提供
提供料金:2週間会員16万円
1ヶ月会員21万円
3ヶ月会員32万円
提供開始:入会した週の土曜日からの提供
入会期限:紹介を受けた週の金曜日まで
伝達方法:買い目情報はレース当日の正午12時までに電話にて伝達。
レース当日に会員から電話をかける。
希望の方はメールでの伝達も実施。

だるま屋のサイト説明・概要

だるま屋は、完全紹介制の競馬情報屋のようです。だるま屋には、☓☓な方々がお見えになるため、的中に必要な情報が勝手に集まってくるそうです。昭和42年から、深く深く濃密な関係を築き上げてきた信頼こそ、だるま屋にとってのかけがえのない財産なんだそうです。だからこそ、だるま屋は会員との絆を大切にしている、絆で成り立つ完全紹介制の競馬情報屋なんだそうです。だるま屋の元は、明治32年に創業した料亭なんだそうです。宣伝活動は一切セずに営業していたそうですが、隠れた名店と言われた時代もあったそうです。基本的には常連さんが連れてくるお客様以外の一見さんはお断りで、どのお客様とも絶対の信頼関係でつながっていたそうです。お客様の間では「内密の話をするならだるま屋で。」というのが決まりだったそうです。そんな信頼感もあったのか、しばしば耳を疑うような日本の裏側の話もだるま屋では日常の様に飛び交っていたそうです。そんな歴史的背景を持つだるま屋にある方が訪れたのが昭和42年のことだったそうです。その方の来店を境に徐々にだるま屋は姿を変えていったそうです。その方が競馬界とどう繋がりがあり、どのように情報が入ってきていたのかは元代表堂本でさえ全てを知らない程なんだそうですが、彼が話す通りに馬が走り、彼が話す通りに決着するんだそうです。そしてある日彼は、だるま屋の雰囲気・先代の人柄・人間性をえらく気に入り、先代に「ここで競馬の商売を始めないか?」と話を持ちかけたそうです。その頃は既に料亭としての経営は行き詰っていたそうで、さらに先代も競馬が好きであったこと、そしてなによりそれまでにも耳にしていた彼が話す競馬について信じられない裏話に興味津々だったこともあり、先代は1週間の検討後この話を受けることにしたそうです。その後のだるま屋は老舗料亭から競馬情報を受け取りに来る会員とのやり取りの場となったそうです。これが的中処だるま屋の始まりなんだそうです。現在は情報源の彼もだるま屋の先代も既に他界してしまっているそうですが、その意志を引き継ぐ彼の後継者と、現だるま屋代表の堂本の2人によって、だるま屋は現在も継続しているそうです。だるま屋の最大の特徴は「一見さんお断り」と「お客様との絶対の信頼関係」なんだそうで、業種や歴史が変わっても、この2点だけは変わることはないそうです。それを頑なに守りぬいている証として創業時に掲げた本会員規定人数30名には未だ到達しておらず、数十年かけて現在本会員は全国にたったの15名なんだそうです。お互いの信頼を築くまでは半年以上契約の本会員は誕生しないそうです。だるま屋には会員ランクがあるそうで、最初は無料会員として入会前にだるま屋の実力を無料で試す機会が用意されるそうです。永久無料で実力を知った上で、だるま屋への入会を検討できるそうです。入会後は初期会員として2週間〜3ヶ月間、信頼関係を築くそうです。その後、希望に応じて半年会員への移行を提案するそうです。半年会員移行が本会員となり、半年会員は現在8名在籍しており、その上の年間会員は現在5名、さらに上の半永久会員は現在2名が在籍しているそうです。