本庄システムの評価・評判

honjosystem サイト名本庄システム
公式サイト http://www.honjo-sys.com/iroha/
販売業者-
運営責任者本庄 敬介
電話番号-
メールアドレスabout@honjo-sys.com
所在地東京都葛飾区新小岩1丁目46−1
IPアドレス202.172.28.199
運営組織DigiRock, Inc.
ドメイン取得日2016年05月25日

本庄システムの評価を検証してみた

本庄システムという競馬情報サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

同一運営会社の可能性が高いサイトが複数判明

本庄システムのドメイン・サーバー情報から、300人競馬-紅犬-伝説の一点最速で一億円 フィールドエンズ川中式的中術的中節三連単必中怪物の一点MONSTER伝説の加賀美マニュアル岡本武雄の『的中が爆発だっ!!』夢幻屋超大穴的中メソッド「ニードル」アマテラス(AMATERAS)三連単一点的中の禁じ手バリュースターズ爆撃の一点星野があなたへ大金星構想4年の競馬ソフト完成への道、などのサイトと同一運営会社の可能性が高いです。

この業者のサイトは「DigiRock, Inc.」というサーバー会社を使っているというのが一つの特徴なので、サーバー会社を見て「DigiRock, Inc.」となっていた場合は、この業者のサイトである可能性が高いと疑った方がいいと思います。

この業者がリリースしているサイトは当サイトで検証済みのサイトだけでも80サイト近くあります。
サイトの量産が異常に早く、月に5サイト前後立ち上げる程のスピードです。
それぞれのサイトを見ると、毎回的中率や回収率、平均獲得金額が異常に高かったり、超高性能のソフトを持っていたりなど、とても”素晴らしい”実績を持っているので、その実績が本当であればこんなにたくさんのサイトを立ち上げる必要はないはずです。
むしろ、それだけの実績があるなら一つのサイトで運営していった方が、会員数も囲えそうですし、運営も楽になるのではないでしょうか。

上記に挙げたサイトは80サイト以上あるサイトの中でも、悪評が多かったサイトです。
これらの悪評を見ると、本庄システムもあまり信用出来ないので注意してください。

特定商取引法に基づく表記が画像になっている

特定商取引法に基づく表記はネットショップの運営や、情報商材の販売をする際に、義務付けられているものです。
基本的には販売業者名や運営責任者、会社情報(電話番号、メールアドレス、住所など)、販売物に関する情報などが記載されるページです。
販売業者が消費者に向けて会社情報を公開するページなので、ここをしっかり表記していない会社は何か裏がある可能性があります。

本庄システムの特定商取引法を見てみると、全て画像になっていました。
テキストで表記すればいいところをわざわざ画像にして公開しているのは何か理由があるのでしょう。
考えられる理由として、

  • 会社情報で検索された際に検索結果にこのページが表示されないようにするための対策
  • テキストコピーできないようにして簡単に連絡できないようにしている

などがあげられます。
GoogleやYahooなどの検索エンジンは、画像のテキストを認識することはできないため、画像に表記されているワードで検索しても検索結果に表示することができません。
しかし、集客を目的にしているサイトが、そのような行動に出るのは違和感があります。
電話番号などの会社情報で検索されたくない理由でもあるのでしょうか。

特定商取引法に基づく表記の住所表記が不十分

本庄システムの「東京都葛飾区新小岩1丁目46−1」という住所ですが、Googleストリートビューで見てみるとこのようなビルが建っていました

本庄システム_特定商取引法に基づく表記の住所

小岩駅眼の前の7,8階建てのマンションが建っています
しかし、本庄システムの住所には階数や部屋番号が書かれていません。
これでは、どこの部屋にオフィスをおいているのかわからないので、正しい住所表記とは言えません。
どうして、部屋番号を書いていないのでしょうか。

このように住所をはぐらかしているサイトは悪徳業者である可能性が高いので注意が必要です。
悪徳業者は、文字通り悪いことをしているため、騙された人が押しかけてきたり、通報されてしまえば、身元がバレ、すぐに逮捕されてしまいます。
そのため、本当の住所を表記するなんてことは、まずしません。
さすがに一軒家の住所を記載してしまうと法に触れてしまいそうですが、マンションやビルの階数や部屋番号を表記しなければ特定まではできないので、誰かに迷惑をかけることもなく、それっぽい住所表記ができてしまいます。
ただのビルではなく、バーチャルオフィスのビルの住所を表記しているところも多いです。
もし階数の開示を求められても、バーチャルオフィスの階数を提示すればいいからでしょうか。

本庄システムがどのような理由で階数を表記していないのかはわかりませんが、このような住所を表記しているサイトは少し警戒した方がいいと思います。

提供者の顔写真が捏造されている可能性

本庄システムのTOPに飾られているこちらの男性ですが、おそらく提供者である本庄敬介氏だと誰もが思うことでしょう。

本庄システム_本庄敬介とされる男性

とりあえずこちらの男性の画像を画像検索して見ることにしました。
すると、検索結果に個人のTwitterページが出てきました
しかし、どうも日本人の方のTwitterアカウントではなさそうです。

どうやらイギリスのサリー大学の社長兼副学長みたいです。
結構なお偉いさんをこのような扱い方をしていいのでしょうか。。。
人の画像を悪用しているような業者は信用できませんし、もはや本庄敬介氏の存在すら怪しくなっては信用できるはずがありませんね。
他の情報も捏造されている可能性が高いので注意してください。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも600を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは全体の5%もありません。

570サイトは悪徳競馬予想サイトなのです。

95%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。

リーク馬券 | 文句無し!2018年4月、最も管理人が稼いだサイト。

【05月19日】

新潟07R 極ランク・最高機密馬券 1,801,900円
新潟11R 秀ランク・一諾千金馬券B 118,620円
東京11R 極ランク・天馬馬券 23,700円

【05月20日】

新潟07R 極ランク・最高機密馬券 830,010円
新潟09R 極ランク・天馬馬券 52,710円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【05月19日】

京都07R 4歳上500万下 182,860円
京都09R メルボルンT 807,520円

【05月20日】

京都09R 御室特別 1,128,320円
京都11R 下鴨ステークス 282,550円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

UMANAVI | 300万円より30万。固く利益を積み上げる競馬予想サイト。

【05月19日】

東京06R 4歳上500万下 845,880円

【05月20日】

新潟10R 高田城特別 467,400円
新潟11R 韋駄天ステークス 461,000円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

先週も相変わらず全体的に好調でした。5月度のG1も中盤に差し掛かりました。各サイト気合を入れて調子をキープしています。この感じなら今後もさらに期待できそうです。

登録して無料予想をチェックするだけで、優良な競馬予想サイトと悪質な競馬予想サイトの違いはすぐにわかると思います。是非一度お試しください。

本庄システムの口コミ評価

口コミはまだありません。
最初の口コミを投稿しませんか?

口コミを投稿する

本庄システムに関する口コミを募集しています!

本庄システムという競馬情報サイトを知っている方がいましたら口コミ投稿フォームより口コミを投稿して下さい。競馬予想サイトの中には、悪質な詐欺行為によってユーザーから多額のお金を騙し取っている会社が数多く存在しています。当サイトでも悪徳競馬予想サイトの被害に遭ってしまった方からの悪評口コミの投稿が増えています。詐欺の被害者が出ていることはとても残念なことですが、被害者の方からの悪評口コミは次の被害者を減らす上で大変貴重な情報になります。もし、悪徳詐欺競馬予想サイトの被害に遭ってしまった方がいましたら、是非詐欺の手口や体験談などを添えてご投稿頂けたら幸いです。被害者の方の意見を聞いてから判断するのではなく、被害に遭わないようにご自身でも、優良サイトと悪徳サイトを見極める力を付けることも大切です。悪徳競馬予想サイトは、予想している人が素人であることが多く、予想も適当なので全く的中しません。しかし、サイトにはユーザーを惹きつけるために、嘘の的中実績を掲載し、的中率や回収率も偽ってかなり高い数値で掲載しています。異常に的中率や回収率が高いサイトには注意しましょう。また、サポートの対応や、不的中の際のフォローなどがあるかどうかも判断材料になります。悪徳競馬予想サイトは情報料が取れれば問題ないので、サポートを疎かにしているところも少なくありません。サポートの対応が適当だったらそのサイトは疑った方がいいでしょう。その他にも、信頼を得るために、社員や予想家の写真を掲載するところもありますが、これらの人物を捏造しているサイトもあります。もし有料情報や無料情報を利用したことがある方がいましたら、これらの特徴に当てはまるところがなかったか、当てはまっていた場合は、ご自身の評価と共に是非ご共有頂けたら幸いです。まだ利用したことが無い方も、周りで聞いた噂や評判、サイトを見て感じた違和感や疑問点などがありましたら是非ご投稿お願いします。当サイトでも比較・検証を続けておりますが、皆様のお力添えを頂くことで悪徳競馬予想サイト撲滅に近づくことができます。是非ご協力よろしくお願いします。

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

本庄システムは以下のサイトと同一の運営者である可能性があります。

本庄システムの無料予想・無料情報

詳細不明

本庄システムの有料情報・キャンペーン詳細

銀行振込、クレジット決済

情報公開:6月8日(水)

本庄システムのサイト説明・概要

本庄システムは、数限りなく存在する競馬の無料情報の真の価値に注目し活用するメソッドのようです。50万円の副収入を手に入れるためのヒント(無料情報)は数限りなく存在しているそうです。情報を聞くのではなく「活用」すれば、無駄に見えた情報が光り輝いて見えてくるそうです。無料情報を活用し50万円の副収入とするメソッドを、包み隠すことなく提供しているそうです。本庄敬介氏は世に溢れている競馬情報を、単純に聞くのではなく、分析して活用しているそうで、それで月に50万円を手にし続けているそうです。本庄敬介氏はこれまでに数百単位で競馬情報会社を利用してきたそうです。理由は実に簡単なんだそうで、馬券を当てたい、競馬で儲けたいからなんだそうです。無料情報のみで馬券を購入していたこともあるそうで、料金を払って聞いた情報もあるそうです。中には、1レースに60万円以上の料金を払ったこともあるそうです。しかし、手持ちの資金はみるみる減っていったそうです。客をカモとしか思っていない情報会社は多数あるそうですが、中にはプラス収支となる会社もあったそうです。そのままではマイナスでも、見どころはある会社もあったそうです。短距離に強い会社、ダートに強い会社、連軸は固いが相手選びが下手くそな会社、情報会社と一口に言っても、いろいろと傾向があるそうです。そこで、各社の得意不得意を見極め、より適した組み合わせのみを購入するそうです。それを突き詰めれば大勝ちできるのではと本庄敬介氏は考えたそうです。利益を生み出す方法で一般的な手法は、お金が入ってくるシステムを構築することと、省ける無駄な支出を削ることなんだそうです。これを競馬に当てはめると、馬券的中の方法論を確立することと、買い目決定までの無駄な支出を削ることになるそうです。しかし競馬情報においては、結果が出てからようやく無駄な支出かどうかがわかるそうです。情報会社から情報を買う時に「これなら儲かる!」と思って購入しても、これが「有益な支出」となるか「無駄な支出」となるかは、レースが終わらないとわかりませんが、情報を買うか悩んだ時点で「無駄か無駄ではないか」を判断する必要があるそうです。ただし、その判断は簡単ではないそうで、本庄敬介氏のような利用者にとって「無駄な情報」にお金を払わせるため、情報会社はありとあらゆる手を使ってくるそうです。悪徳情報会社が相手の場合は、特に難しいそうで、相手も「無駄な情報」と解って掴ませに来るプロのため、より真に迫った迫力で、有る事無い事を言ってくるそうです。その真贋の見極めは、経験が浅い人にはまず不可能なんだそうです。本庄敬介氏のように相当数情報会社を使っていても、簡単ではないそうです。そこで本庄敬介氏が入り口として取り組んだのが「無料情報」の確認なんだそうです。「タダよりも高いものはない」というように情報会社に関しても同じことが言えるかもしれないそうです。無料情報が当たる上に、心くすぐるセールスレターが来るならばと情報会社を信頼して入会してみたそうですが、なぜかお金を払っている情報の方が外れ続けるそうで、結果として情報料と馬券代を失ってしまうそうです。しかし、本庄敬介氏はここで考え方を変えてみたそうで、その情報会社はおそらく最高の情報を無料提供していて、「無料情報でこれだけ当たるなら・・・」と思わせるために客寄せで最高の情報を使っていると考えたそうで、ならば今後は、無料情報のみを参考にすればいいと考えたそうです。「無料で最高の情報を提供している」ことを確認するために情報料を払ったと思えば、騙されたとしても怒ることでもないそうです。数は少ないそうですが、有料情報の方が当たる会社もあるそうです。コンスタントに利益を得られる程ではないそうですが、それでも他を見れば、比較的優良な情報会社で、たまたまそんな情報会社に巡りあった時は、数度継続して利用するそうです。しかし、送られた買い目をそのまま馬券購入はしないそうで、的中したレースの傾向・軸馬の信頼度・相手馬の結果、それらを細かく比較検討し、どんなレースを提供した場合に的中確率が高いかの調査をしたそうです。本庄敬介氏は手当たり次第有料情報に参加した方が良いとは言ってないそうで、無料情報で十分傾向がつかめるところが多く、有料無料問わず見どころすらない情報会社はさらに多数あるそうです。しかし、当たらないから全てダメかと言えば、それも違うそうです。「当たらない情報=無駄な情報」ではないそうです。例えば、ほとんど買い目が当たらなくても、「関東のダートだけは軸馬の連対率が高い」情報は有益情報なんだそうです。条件に当てはまった場合のみ参考にすればいいからなんだそうです。不的中が多くても有益な情報とは一定の条件下で一定の結果が得られるものなんだそうです。「ダートを提供した場合、軸馬が好走しやすい」「本名予想なのに、人気馬を切ると、高配当になる」「軸馬はよく好走するが、相手選択で不的中になる」これらの条件に当てはまるレースがしばらく提供されない場合も少なくないそうです。しかし「当たらない可能性の高いレース」を購入しても無駄なんだそうです。