ノンフィクション(NON-FICTION)の評価・評判

ノンフィクション(NON-FICTION)

nonfiction
悪徳

ノンフィクション(NON-FICTION)の評価を検証してみた

ノンフィクション(NON-FICTION)という競馬予想サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

予想家について

ノンフィクション(NON-FICTION)では、仮名で「佐藤和樹(さとうかずき)」という方が提供しているみたいです。
競馬情報会社に勤めているため、名前は伏せているそうです。

佐藤和樹さんの言い分・・・

あくまでも佐藤和樹(とされる人物)さんの言い分であり、事実かどうかの根拠は全くありません

競馬情報会社には大元となるグループがあるそうで、その大元の傘下にたくさんの競馬情報会社が競馬情報サイトを運営しているそうです。

NONFICTIONノンフィクション_言い分01

大元はこの傘下の会社に競馬開催日に毎週ファックスで的中と不的中が管理された買い目を送っているそうです。
この買い目は10回に1回くらいしか的中しない素人予想と変わらないそうです。
この買い目のことを的中買い目リストを略して「的スト」と呼んでいるそうです。

大元は的中と不的中のバランスを取りながら、グループ内の2社を1ペアとして同じ的ストを送っているそうです。

NONFICTIONノンフィクション_言い分02

グループは20社から30社で構成されているそうで、的ストは1グループに10枚送られ、その中の1つが的中情報らしく、2社1ペアに配られるため、1社を使っていると10回に1回くらい当たる計算になるんだそうです。
大元は的中する馬番を知っているそうで、的中する馬番が書かれた2枚目の的ストなるものがあるそうです。
この2枚目の的ストには日付とレース名、馬番3つが書かれているそうで、指定された3頭はレース当日綺麗に3着に入るそうです。
今回はこの2枚目の的スト情報を提供するとのことです。

競馬情報ユーザーは10回に1回でも当たった経験があると2度目の的中を期待して、継続して参加してくるそうです。
さらに、そういった競馬ファンは増えていき、これで一番喜ぶのはJRAだと佐藤和樹さんは踏んでいるそうです。
JRAが大元と考えれば辻褄が合うと考え、大元に踊らされ大金を吸い取られているのが競馬情報ユーザーであると佐藤和樹さんは言っています。

ここまで、実際の事のように詳しく話していますが、これはあくまで佐藤和樹さんの想像であり、事実である確証はありません
本当にこの事実があり、本当の内部の人間がその事実をサイトまで作って、その事実を公開すればJRAが放っておくはずがありません。
大きな組織ですから、webサイトまで作っていればどうにかして身元を暴くはずです。
本当に内部の人間であるかもわからない人間の言い分なので、安易に信じない方がいいと思います。

佐藤和樹さんが今回情報を提供する理由・・・

佐藤和樹さんは、自分が会社で的中しない情報を提供し、ユーザーから届く怒りのメッセージなどを見て心を痛めているそうで、競馬情報会社に踊らされる競馬情報ユーザーに申し訳ないと思う気持ちから、より多くの人へ競馬情報会社の秘密を暴露し、月に300万円を稼がせることで、これまでの罪滅ぼしをしたいからなんだそうです。

このサイトは佐藤和樹さんが個人で運営しているそうです。

NONFICTIONノンフィクション_言い分03

会社にはバレないようにやっているとのことですが、競馬ファンのもとにこのサイトの情報が渡っている時点で、速攻会社にもバレているはずです。

この情報は100名にしか提供できないそうで、抽選によって100名を決めるそうです。
2月12日(金)19時に当選者の発表があるそうですが、この時に発表される提供の仕方に注意してください。
結局お金がかかるなんて言われたら要注意です。
罪滅ぼしのための行動のはずなのにお金を取るなんて明らかにおかしいですからね。

そもそも2枚目の的ストの情報を漏らした者には1千万円以上の罰金になるそうで、佐藤和樹さんはこの責任を全て持つと言っています。

NONFICTIONノンフィクション_言い分04

そんなリスクを犯して、そのリスクを覚悟してこういった行動に出てまで罪滅ぼしをしようとしている人間が、結局ユーザーからお金を取るなんておかしいですよね。
自分は、その2枚目の的ストやらの情報で好きなだけ競馬でお金を稼げるはずですから、お金は一銭も必要ないはずです。
それでも罪滅ぼしのために提供したいと言うのですから、無料で提供されることを期待します。

2月12日(金)19時の情報がどうなるかわかりませんが、有料だった場合は注意した方がいいと思います。

同一運営会社の可能性が高いサイトが複数判明

ノンフィクション(NON-FICTION)のサーバー情報を調べてみると、300人競馬-紅犬-伝説の一点最速で一億円 フィールドエンズ川中式的中術的中節三連単必中怪物の一点MONSTER伝説の加賀美マニュアル岡本武雄の『的中が爆発だっ!!』夢幻屋超大穴的中メソッド「ニードル」アマテラス(AMATERAS)三連単一点的中の禁じ手バリュースターズ爆撃の一点星野があなたへ大金星構想4年の競馬ソフト完成への道、などのサイトと同一運営会社の可能性が高いようです。

この業者がリリースしているサイトは当サイトで検証済みのサイトだけでも60サイト近くあります。
サイトの量産が異常に早く、月に5サイト前後立ち上げる程のスピードです。
それぞれのサイトを見ると、毎回的中率や回収率、平均獲得金額が異常に高かったり、超高性能のソフトを持っていたりなど、とても”素晴らしい”実績を持っているので、その実績が本当であればこんなにたくさんのサイトを立ち上げる必要はないはずです。
むしろ、それだけの実績があるなら一つのサイトで運営していった方が、会員数も囲えそうですし、運営も楽になるのではないでしょうか。

上記に挙げたサイトは60サイト以上あるサイトの中でも、悪評が多かったサイトです。
これらの悪評を見ると、ノンフィクション(NON-FICTION)もあまり信用出来ないですね。

特定商取引法に基づく表記がない

ノンフィクション(NON-FICTION)のサイトにはどこにも特定商取引法に基づく表記が見当たりませんでした。
本来、特定商取引法に基づく表記は、有料販売の取引が行われるサイトに掲載することが義務付けられています。

有料情報を提供する会社であれば、ユーザーとのお金の取引が発生するので、会社名、運営責任者名、電話番号、メールアドレス、住所などの開示は必須のはずです。
ノンフィクション(NON-FICTION)が有料の情報を提供するかはわかりませんが、もし有料で情報を提供することになったら、その時は身元を明かす必要があります。
身元のわからない組織や個人にお金を振り込むのは大変危険なので、注意してください。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは10サイトもありません。

全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。

98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。
競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

リーク馬券 | 文句無し!2018年7月、最も管理人が稼いだサイト。

【08月05日】
小倉11R 小倉記念   877,400円
札幌08R 3歳上500万下   13,300円

【08月04日】
新潟07R 3歳未勝利 887,240円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【08月05日】
新潟09R 燕特別 1,231,450円

【08月04日】
札幌09R 3歳上500万下 594,400円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

そして!!!

週末は新潟競馬場で関屋記念が開催されます。

夏競馬も中旬に入り、盛り上がる事間違いなしの1レースです。

小回りの難しいコース、かつ混戦を制するのはどの馬でしょうか。

どのサイトも変わらず調子は良いので高確率で稼がせてくれると思いますが、

特にリーク馬券は昨年、新潟競馬場が得意で荒稼ぎしていたので、今年も期待していいと思います。

しっかりチェックして狙っていきましょう。

ノンフィクション(NON-FICTION)の口コミ評価

匿名

当選者(登録した人)全員にこのURL送られてるけど、このページ何のセキュリティもかかってなくて誰でも見れる。
http://www.racerem.com/lsin/
当選者にしか教えない特別な情報なはずなのに、誰でも見れるのは明らかにおかしい。

匿名

私も当選しました!
やっぱりお金要求してきましたね!
管理人さんご名答!!
しかも通常30万円が9万8000円ですって!

匿名

当選しました。98000円 支払い その後 継続料 月 千円 ずーと提供します・・
との事です。
おかしいよね!! 

ノンフィクション(NON-FICTION)に関する口コミを募集しています!

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

ノンフィクション(NON-FICTION)の無料予想・無料情報

第一回参加者当選者発表:2月12日(金)19時

ノンフィクション(NON-FICTION)の有料情報・キャンペーン詳細

詳細不明

ノンフィクション(NON-FICTION)のサイト説明・概要

ノンフィクション(NON-FICTION)では、40人に月300万円を稼がせている、三連単一点を完全暴露するそうです。競馬情報会社の虚実、その全てを完全暴露し、あなたに月300万円を稼がせる裏情報を教えてくれるそうです。ほぼ全ての競馬情報会社にはあなたが絶対に知らない、とんでもない秘密があるそうです。佐藤和樹(さとうかずき)さんは、これまで一度も三連単一点で月300万円を下回ったことはないそうです。佐藤和樹さんが教える三連単一点は最低でも、300万円以上であり、多い時には400万円を超えることもあるそうです。このようなことができる理由は、絶対にあなたが知り得ない競馬情報会社の極秘情報を佐藤和樹さんは知っているからなんだそうです。競馬情報会社には大きなグループが存在し、大元である元締めと、傘下の情報サイトがあるそうです。競馬情報会社では約3年ほど前からグループ化というものが始まったそうです。そのグループ化とは、多くの情報会社を管理している大元(元締め)が存在し、その大元(元締め)がグループ内全ての情報会社で提供される情報を管理しているというものなんだそうです。そして、その傘下として幾つかの情報会社があるそうです。この大元(元締め)は傘下である各情報会社に競馬開催日に毎週ファックスで的中と不的中が管理された買い目を送っているそうです。この買い目は、正直10回に1回くらいしか的中しないシロウト予想とほぼ変わらないそうです。情報会社内ではこのファックスで送られてくる買い目のことを的スト(的中買い目リストを略したもの)と呼んでいるそうです。そしてこのグループ内では、大元(元締め)が送ってくる買い目(的スト)はグループ内の2社が1ペアとして同じ(的スト)が送られてくるそうです。この1ペア以外の会社には、開催場、レース、などが別の情報が送られるそうです。そして、大元(元締め)は的中・不的中のバランスをとっているそうです。ちなみにこのグループ数は数知れないそうで、1グループ20社〜30社くらいで構成されているそうです。つまり20社で構成されたグループの場合、2社で1ペアの買い目のため、配られる的ストは10枚なんだそうです。その中の1枚(2社分)だけに的中情報が記されているため、だいたい10回に1回の的中になるという事なんだそうです。大元(元締め)はとんでもない情報を隠しているそうで、そのとんでもない情報というのが、的中する馬番を知っているそうです。証拠はないそうなので、あくまで想像の範囲ではあるそうですが、ただ知っていなければ、10枚の的ストの内1枚だけを、3年間も安定して正確に的中させることは不可能なんだそうです。ただ、いくら的スト10枚の内の1枚が的中する内容だったとしても、グループ内の人間は、どの的ストに的中情報が記されているのか知らないそうで、そもそも情報がファックスで送られてくるというだけで、大元(元締め)が情報を管理しているという事実すら知らないそうです。しかし、一部のごく限られた人間だけはこの事実と極秘の2枚目の的ストの存在を知っているそうです。2枚目の的ストは月に2回行われるグループ内のミーティングで手渡しによって配られ「※この情報は必ず金庫で保管し、印刷も当然不可です。」と記されているそうです。この2枚目の的ストには「○月△日の×レース馬番○番と○番と○番」という内容が記されているそうです。一見ただの予想を記したただの紙のようですが、もはや最初から的中馬番を知っていたとしか思えないほどの精度で、指定された3頭が綺麗に上位3着にまで並ぶそうです。競馬情報会社で働いている人間ですらこの事実は知らない以上、競馬情報利用者であるあなたが知ることはまず不可能なんだそうです。あなたがどんなに競馬情報会社に登録しても、どんなに願っても、たとえ提供者を信頼していても、あなたが稼ぐことができていないのは、そもそも頼っている情報自体が10回に1回くらいの割合でしか的中しない買い目だからなんだそうです。どんなに頑張ってもあなたが2枚目の的ストに記載されている情報を知ることはないそうなので、今後絶対に、競馬情報会社に登録しない方がいいそうです。大元(元締め)が傘下である会社を大量に作ると、必然的に競馬情報サイト数が増え、大量の情報会社があればあるだけ、それに騙されてくれるユーザーがいるそうです。競馬情報サイトは、表向きには的中率アップさせる方法や競馬で予想の仕方がわからない、いわゆる初心者と言われる人たちを対象にサポートすることを目的としているように見えますが、実際はものすごく当たる、と謳っておきながら、10回に1回ほどの的中しかないそうです。しかし人間というのは、わずかに数回的中があることで今回はダメだったけど、次は当たるかもしれないという僅かな可能性を信じてしまう傾向があり、競馬情報会社の巧みな技に踊らされ、じっくりと生かさず、殺さず、操られていたそうです。人間の心理につけこんで、10鞍に1鞍くらいで的中させることによって、競馬ユーザーを踊らせ、競馬人口の確保をしているそうです。競馬ユーザーが増えて一番喜ぶのは、JRAのようで、確証はないそうですが、大元(元締め)がもしJRAだとすれば、すべての辻褄があってしまうそうです。実際に競馬情報会社が著しく増え、競馬情報会社のグループ化が始まったのが約3年前からなんだそうです。そして、JRAのデータを見ると、バブルを終え、著しく総参加人数が減り、売上共に落ちてきたのが平成23年〜25年ほどまでで、約3年ほど前から、総参加人員、売得金額がどんどん増えつつあるそうです。参加にある情報会社を利用し、的中・不的中を管理している大元は、確かな情報を求め、真面目にお金を稼ごうとしている人から更に大金を巻き上げ、競馬総参加人員を確保しつつ、過去の売得金額を取り戻そうとしているそうです。佐藤和樹さんは、競馬情報会社に勤めているそうで、あなたを含め多くの人へ競馬情報会社の秘密を暴露し、月に300万円を稼がせることで、これまでの罪滅ぼしをしたいそうです。佐藤和樹さんの勤める情報会社では無料で買い目を提供しているものの、その的中精度や運営の会員への対応は余りに酷く、決して、人に胸を張れるものではないそうです。この会社では無料情報の提供しかしていないそうですが、毎月大元からお金が入るシステムになっているそうです。的中は10回に1回するかしない程度のようですが、的中を提供する必要が一切無く、目的は集客なんだそうです。当然全く稼ぐことのできないシステムになっているそうです。佐藤和樹さんは競馬情報会社に勤めながら、個人で競馬情報サイトをやっているそうです。競馬情報会社に勤めている佐藤和樹さんから送っているサイトは、佐藤和樹さん本人が送り、運営している「暴露サイト」なんだそうです。佐藤和樹さんが勤めている情報会社とは一切関係ないそうです。佐藤和樹さんは大元から直接渡されている、2枚目の的ストの極秘情報を送るそうです。

サイト名ノンフィクション(NON-FICTION)
公式サイト http://www.racerem.com/mono/
販売業者レースリメンバー(Race Remember)
運営責任者佐藤和樹(さとうかずき)
電話番号-
メールアドレスcontact@racerem.com
所在地-
IPアドレス202.172.28.199
運営組織DigiRock, Inc.
ドメイン取得日2016年01月22日