宮崎教授の馬券の評価・評判

宮崎教授の馬券

スクリーンショット 2017-11-16 11.35.29
悪徳

宮崎教授の馬券の評価を検証してみた

今回は宮崎教授の馬券という競馬予想サイトを評価していきます。

サイトを見ると、的中率85%回収率200%という「非現実的」と捉えられる数字に目を疑います。

サイト情報を調べて見ると、ドメインの取得日は2017年11月05日ですので、最短でオープンしたとしても運営期間は2週間ほどしか経過していません。

運営者については、某大学で統計学を教える宮崎宗男教授さんという個人なのですが統計学と競馬に一体何の関点があるのでしょうか?

スクリーンショット 2017-11-16 15.03.39

大学の教授をも務める方が競馬の統計学を?

「もしかしたら私が知らないだけで、競馬業界では有名な人なのかも・・・」

ということで、検索エンジンで調べてみました。

スクリーンショット 2017-11-16 15.09.48

検索結果は何件かヒットしたものの、宮崎宗男さんが教授であることがわかる又は関連する内容の記載があるページは1つもみつかりませんでした。

大学の教授にまで成り上がる人物であれば、所属する大学名くらいは検索で表示されるはずですがそれすらもわからず、プロフィールも見つからないとなると存在しているかどうかも怪しい人物と言えます

少なくとも大学教授を名乗る宮崎宗男さんは大学で講師を務めている事は無さそうです。

いきなり判明!宮崎教授の馬券は統計学ばかりを推奨するサイト

宮崎教授の馬券は競馬においてどんな予想方法よりも切り口は統計学にあると公言しています。

スクリーンショット 2017-11-16 15.50.40

スクリーンショット 2017-11-16 15.51.01

上記画像は宮崎教授の馬券内で運営者の宮崎さんが念入りに続けざま発言している内容です。

競馬において統計学を用いることまでは何も問題はないのですが、宮崎教授の馬券の内容からすると競馬は統計学が全てと言わんばかりです。

しかしながら統計学で成り立つのであれば、一部の専門家だけが圧倒的に有利に立ててしまいますから、私にとっては全てが統計学で決まる勝負だとは思いません。

競馬は馬の状態・騎手の技量・天候・馬場コンディションetc…ざっと一例を挙げただけでもこれだけの複数の要素が加わりますし、予期せぬ落馬や馬の骨折など予期せぬアクシデントも起こります。

様々な要素が加わる中で勝敗を競う競馬において統計学で何もかもがわかってしまってはギャンブルとして成り立ちませんし、アクシデントなどは統計学で予測できるわけがありません。

「統計学」という言葉で何もかもが可能と言わんばかりの宮崎教授の馬券を利用するのが私は不安でたまりません。

宮崎教授の馬券の的中実績を検証

統計学を語っているからといって、予想が的中しないと決めつけるのも微妙なので、宮崎教授の馬券の的中実績を見てみました。

スクリーンショット 2017-11-16 15.22.04

宮崎教授の馬券のサイト内に記載されていた最も古い的中実績は2017年8月5日のものでした。

新潟9Rで15,000円の払戻があったとのこと。あれ!?ちょっと待ってください!!

宮崎教授の馬券のドメイン取得日は2017年11月05日でした。ドメイン取得日よりも前にサイトが存在することは物理的にあり得ません。サイトが無いのにどうやって予想を提供していたというのでしょうか。

考えられるパターンは2つ。サイト公開前の個人の実績を紹介しているか、捏造した的中実績を公開しているかです。

どちらなのかを特定することは現時点ではできませんが、宮崎宗男は存在している人物なのかどうかも怪しいですから宮崎教授の馬券に記載されている的中実績は鵜呑みにしない方がいいでしょう。

宮崎教授の馬券の裏に巨大詐欺組織の影が…

宮崎教授の馬券の検証を進めていくうちに、衝撃的な事実が浮かび上がりました。

宮崎教授の馬券が巨大競馬予想詐欺グループが運営するサイトの1つだということが判明したのです。

このグループは週3〜4という驚異的なペースで次々と新規の競馬予想サイトを立ち上げ、ユーザーからお金を騙し取り終えたら、サイトを閉鎖するという荒業を繰り返している要注意組織です。

このグループが運営するサイトには幾つか特徴があるのですが、宮崎教授の馬券は見事に該当しています。

特徴1:サイトのトップページのURLにパスが設定されている。

本来、サイトのトップページのURLは馬ラボで優良サイトとして紹介しているうまコラボなどもそうですが、「https://www.collabo-n.com/」のようにドメインという「collabo-n.com」の部分だけで終了します。しかし、このグループのサイトは必ず、http://aaa.jp/bbb/」のようにパス(bbbの部分)が付けられています。

宮崎教授の馬券のURLを見てみると・・・

スクリーンショット-2017-11-16-15.26.09

しっかりとパスが設定されていました。トップページにパスを設定するのは本当に珍しいことで、私が知る限り競馬予想サイトでトップページにパスを設定しているのはこのグループのサイト以外にありません。

特徴2:募集人数・募集期間が限定されている。

競馬予想サイトが募集人数や募集期間を制限することは優良・悪徳問わず滅多にないのですが、このグループが作るサイトは人数や期間に若干の差はあるものの、必ず人数と期間が制限されています。

ちなみに、宮崎教授の馬券の場合は人数制限はありませんが、期間は11月18日〜12月10日間の約4週間でした。

スクリーンショット 2017-11-16 15.27.16

今回設定されている予想提供期間は長めですが、普段は短期間に少人数がベースで作成されていますから大量に競馬予想サイトを作っているこのグループだからこそ採用できる手法です。

特徴3:同じ決済代行会社を利用している。

宮崎教授の馬券に登録してみると…

スクリーンショット-2017-11-16-15.27.58

利用料金を「イージス」という決済代行会社に入金するようアナウンスされました。

このグループは「イージス」以外にも決済代行会社を幾つか用意しており、他に代表的なものでは、「馬遊人」という決済代行会社があります。

もちろん、このような決済代行会社は実在しません。競馬予想サイトを大量に作ることはできても、銀行口座を大量に作ることはできないので、決済代行会社を装って同じ会社に入金させているのです。

特徴4:何事もお金で解決できると言い張る

スクリーンショット 2017-11-16 15.33.19

何をするにおいても生きていく上で確かにお金は必要でしょう。

そんなお金は様々な方法で手に入れられますが、一瞬で大金を掴む事は簡単ではありません。

このグループのサイトでは都合の良すぎるような理由で大金が手に入るかのように語ります。宮崎教授の馬券の場合独自で編み出した統計メソッドを使ってのワイド1点賭けがリスクなくお金を入手することだと言い張っています。

おかしな話ですねw怪しさしか感じません。自分たちでもそう思っているのでしょう。

必ずと言っていい位、手に入ったお金の使いみちや、それを手にするための手ほどきの順序が説明されています。そして上記2点では必ず、「一般的には考えられない豪遊や借金の返済、現実ではあり得ないような順序での大金獲得」などです。

ちなみに、宮崎教授の馬券の場合も「全てはお金で解決できる、単純明快な答え」でしたw

特徴5:馬券種・点数が決められている

競馬予想では、レースに合わせて馬券種や点数を選ぶことが重要なのですが、このグループのサイトの予想は馬券種・点数が事前に決められています。

宮崎教授の馬券の場合は・・・

スクリーンショット 2017-11-16 15.29.00

ワイド1点。 無謀にも程がありますw 何故、このグループがこのような手法を採用しているのかまではわかりませんが、競馬予想において、重要な要素を考えることを放棄してしまっていると判断せざるを得ません。

特徴6:特定商取引法に関する表記が画像で作成されている

特定商取引法に関する表記とは、有料サイトが利用者に対して責任の所在を明確にするために法律で記載を義務付けているものです。

宮崎教授の馬券を例にするとこちらが該当します。

スクリーンショット 2017-11-16 15.29.37

サイトを作成する上で、こういった箇所は画像ではなくテキストで作成したほうが楽なのですが、このグループが作成する特定商取引法に関する表記は必ず画像で作られています。

画像で特定商取引法に関する表記を作成する目的は1つ。検索エンジンで調べた際にヒットしないようにするためです。

やましいことばかりしているから調べられるのが怖いのでしょう。

また、宮崎教授の馬券の特定商取引法に関する表記は検索されないように隠しているにも関わらず、表記の内容が不十分です。運営会社は個人運営を装って隠されていますし、住所も途中まで、電話番号に関しては項目すらありません。

運営責任者に関しては偽名でしょうし、唯一正しく公開されているのはメールアドレスですがこのご時世ではメールアドレスなど幾らでも作成できますし・・・。

ちなみに特定商取引法に関する表記の不足の仕方もこのグループのサイト全体で共通しています。

特徴7:使用しているサーバが一致

このグループが使用しているサーバは必ずデジロックというサーバです。宮崎教授の馬券もしっかりとデジロックのサーバが使用されていました。

宮崎教授の馬券がこのグループのサイトの1つだということは間違いありません。

このグループのサイトの被害は馬ラボにも多数報告されており・・・

情報公開日にサイトにアクセスしようと思ったのですが、何度試してもエラーばかりで結局情報を提供してもらう予定だったレースの買い目はわからず購入すらできませんでした。それについての問い合わせもこたえてもらえずだったのですが、翌日提供予定だったレースが的中として公開されていました。詐欺サイトもいいところです。

と、予想すら提供されなかったという報告や・・・

信じて登録などしてはいけません。予想は素人以下の適当に選んだような買い目です。選択した馬は掲示板にすら載りません。料金を支払うだけ無駄です。

提供された予想がかすりもしなかったという報告ばかりです。あなたはこのような評価を見てもまだ宮崎教授の馬券を使いたいと思いますか?

競馬予想サイトにあまり詳しくない人は宮崎教授の馬券のようなサイトに騙されてしまいがちですが、馬ラボが紹介している優良サイトと比べればその差は一目瞭然です。

例えば、ホースBCの評価と較べてみてください。サイトのデザインの質が明らかに違うことがわかるでしょう。Meviusの口コミと較べてみてください。コンテンツの充実度の違いに驚くでしょう。

そして何より、優良競馬予想サイトを利用しているの悪徳競馬予想サイトを利用しているのでは、「稼げる金額」が圧倒的に違います。

優良サイトはコンスタントに私たちに的中する情報を提供してくれます。しかし、悪徳サイトから提供される情報は的中しません。極稀にまぐれで的中することはありますが、まぐれの的中に情報料を払う必要はありません。

悪徳競馬予想サイトに騙されることなく、優良競馬予想サイトを利用し、しっかり稼げるようにしましょう。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは10サイトもありません。

全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。

98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。
競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

リーク馬券 | 文句無し!2018年7月、最も管理人が稼いだサイト。

【08月05日】
小倉11R 小倉記念   877,400円
札幌08R 3歳上500万下   13,300円

【08月04日】
新潟07R 3歳未勝利 887,240円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【08月05日】
新潟09R 燕特別 1,231,450円

【08月04日】
札幌09R 3歳上500万下 594,400円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

そして!!!

週末は新潟競馬場で関屋記念が開催されます。

夏競馬も中旬に入り、盛り上がる事間違いなしの1レースです。

小回りの難しいコース、かつ混戦を制するのはどの馬でしょうか。

どのサイトも変わらず調子は良いので高確率で稼がせてくれると思いますが、

特にリーク馬券は昨年、新潟競馬場が得意で荒稼ぎしていたので、今年も期待していいと思います。

しっかりチェックして狙っていきましょう。

宮崎教授の馬券の口コミ評価

口コミはまだありません。
最初の口コミを投稿しませんか?

口コミを投稿する

宮崎教授の馬券に関する口コミを募集しています!

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

宮崎教授の馬券の無料予想・無料情報

詳細不明

宮崎教授の馬券の有料情報・キャンペーン詳細

詳細不明

宮崎教授の馬券のサイト説明・概要

的中率85%回収率200%超えの究極の競馬予想統計メソッドで1日1レースワイド1点で確かな結果を提供してくれるサイトです。

サイト名宮崎教授の馬券
公式サイト http://www.professor-miyazaki.com/move/
販売業者-
運営責任者宮崎宗男
電話番号-
メールアドレスmethod@professor-miyazaki.com
所在地東京都新宿区筑土八幡町2−21
IPアドレス202.172.28.148
運営組織DigiRock, Inc.
ドメイン取得日2017年11月05日