3コイン競馬の評価・評判

3コイン競馬

3coinkeiba
悪徳

3コイン競馬の評価を検証してみた

3コイン競馬という競馬情報サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

特定商取引法に基づく表記がない

3コイン競馬のサイトにはどこにも特定商取引法に基づく表記が見当たりませんでした
本来、特定商取引法に基づく表記は、有料販売の取引が行われるサイトに掲載することが義務付けられています
まだ案内の詳細が分からないのでなんとも言えませんが、案内の内容によってはお金を請求される可能性もあります。
(この業者ならおそらく何かしらの理由をつけて要求してくるでしょう。)

有料情報を提供する会社であれば、ユーザーとのお金の取引が発生するので、会社名、運営責任者名、電話番号、メールアドレス、住所などの開示は必須のはずです。
3コイン競馬が有料の情報を提供するかはわかりませんが、もし有料で情報を提供することになったら、その時は身元を明かす必要があります。
身元のわからない組織や個人にお金を振り込むのは大変危険なので、注意してください

同一運営会社の可能性が高いサイトが複数判明

3コイン競馬のドメイン・サーバー情報から、300人競馬-紅犬-伝説の一点最速で一億円 フィールドエンズ川中式的中術的中節三連単必中怪物の一点MONSTER伝説の加賀美マニュアル岡本武雄の『的中が爆発だっ!!』夢幻屋超大穴的中メソッド「ニードル」アマテラス(AMATERAS)三連単一点的中の禁じ手バリュースターズ爆撃の一点星野があなたへ大金星構想4年の競馬ソフト完成への道、などのサイトと同一運営会社の可能性が高いです。

この業者がリリースしているサイトは当サイトで検証済みのサイトだけでも70サイト近くあります。
サイトの量産が異常に早く、月に5サイト前後立ち上げる程のスピードです。
それぞれのサイトを見ると、毎回的中率や回収率、平均獲得金額が異常に高かったり、超高性能のソフトを持っていたりなど、とても”素晴らしい”実績を持っているので、その実績が本当であればこんなにたくさんのサイトを立ち上げる必要はないはずです。
むしろ、それだけの実績があるなら一つのサイトで運営していった方が、会員数も囲えそうですし、運営も楽になるのではないでしょうか。

上記に挙げたサイトは70サイト以上あるサイトの中でも、悪評が多かったサイトです。
これらの悪評を見ると、3コイン競馬もあまり信用出来ないので注意してください。

内容について

3コイン競馬はこちらの田所辰也(たどころたつや)という方が予想者のようですね。

3コイン競馬_田所辰也さん

「コロタツ」という愛称もあるみたいです。

この方が「年収290万円の平凡な営業マンから毎月220万円を稼ぎだす馬券師になった」張本人みたいです。
国語力に自信があると自負する田所辰也さんは、競馬新聞を読み解き買い目を導き出すそうです。

しかもその勝率は71.8%、複勝率は94.7%という高確率みたいです。
国語力だけでこの実力、本当なのでしょうか。。。

気になる提供する理由ですが、「グッドチョイス」という競馬情報会社に口説き落とされたからなんだそうです。
グッドチョイス。。。聞いたことがない会社名ですね。
よく使われそうな単語ですし、調べてもきっと出てこないのでしょうけど、調べてみました。

やはり3コイン競馬を取り上げている口コミサイトやレビューサイトしか出てきません
もし仮に「グッドチョイス」という競馬情報会社が存在するなら、グッドチョイスが運営するサイト、もしくはそのサイトを取り上げている口コミサイトやレビューサイトのページが上がってきてもいいはずです。
しかし、検索結果に表示されたのは、今回の3コイン競馬に関する記事のみ
その他はページの中で会社名ではなく、単語として「グッドチョイス」を使っているブログや競馬関連のサイトが引っかかっているだけでした。

おかしいですね。

グッドチョイスという会社は本当に競馬情報会社を運営しているのでしょうか。
いや、グッドチョイスなんて競馬情報会社は本当に存在するのでしょうか。

田所辰也さん曰く、グッドチョイスの基準をクリアするために、検証期間が必要だったようで、
2月13日(土)と2月14日(日)の田所辰也さんの予想結果を受けて、グッドチョイスからOKが出たから来週末から動き出すとのこと。
お得意の詳細は後日パターンですね。

今回は珍しく、詳細公開日が明らかにされていないので、突然メールでお知らせが来るのかもしれません。
おそらく何かと理由をつけて「提供にはお金がかかる」と言ってくると思われますが、
グッドチョイスについても全くわからないですし、全くわからない会社と契約している田所辰也という方についても信頼できる情報は一つもない状態で、お金を渡すのは非常に危険なので注意してくださいね。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは10サイトもありません。

全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。

98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。
競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

リーク馬券 | 文句無し!2018年7月、最も管理人が稼いだサイト。

【08月05日】
小倉11R 小倉記念   877,400円
札幌08R 3歳上500万下   13,300円

【08月04日】
新潟07R 3歳未勝利 887,240円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【08月05日】
新潟09R 燕特別 1,231,450円

【08月04日】
札幌09R 3歳上500万下 594,400円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

そして!!!

週末は新潟競馬場で関屋記念が開催されます。

夏競馬も中旬に入り、盛り上がる事間違いなしの1レースです。

小回りの難しいコース、かつ混戦を制するのはどの馬でしょうか。

どのサイトも変わらず調子は良いので高確率で稼がせてくれると思いますが、

特にリーク馬券は昨年、新潟競馬場が得意で荒稼ぎしていたので、今年も期待していいと思います。

しっかりチェックして狙っていきましょう。

3コイン競馬の口コミ評価

被害者

超極悪です。
馬単3点一回も的中出来ないどころか特典も送って来ないし
謝罪もありません。刑事告発したいぐらいです。

匿名

馬単3点、一回も当たりません。
コロタツ死ね。

匿名

大本命も的中しない。
競馬のド素人よりひどい。
的中したこと一回もないんじゃない。
登録料だけ取る極悪サイト

匿名

二か月間、毎週土、日曜に馬単情報を送ってくるが、一度も的中したことが無い。
適当な馬番を送ってくるだけ。
完全な詐欺師、詐欺会社。
最悪のサイト

匿名

1か月 9回提供あったが馬単的中0
単勝オプション 2/8 的中した。
的中率 11% 

匿名

当たらない

匿名

軸馬は当たる。
単勝、ワイドなどおすすめ

3コイン競馬に関する口コミを募集しています!

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

3コイン競馬の無料予想・無料情報

詳細不明

3コイン競馬の有料情報・キャンペーン詳細

詳細不明

3コイン競馬のサイト説明・概要

3コイン競馬では、年収290万円の平凡な営業マン39歳の男性を毎月220万円を稼ぎだす馬券師40歳に変えたあなたも普段何気なく目にしているある情報源を提供しているそうです。元口下手営業マンで現在馬券収入のみで好きなことだけをして生きているのは田所辰也(たどころたつや)という方のようです。周りからは「コロタツ」と呼ばれているそうです。田所辰也さんは競馬だけで食べているそうなので、多めに賭けているようですが、1点100円にしたら1日300円、月の競馬開催が8日間として計2400円、1ヶ月の馬券代がこれだけで済むそうです。つまり、宅配ピザ1枚頼む程度の予算があれば始められて、1ヶ月で元手を20〜30倍に増やしていける方法なんだそうです。1位になる馬がハッキリ見えていないのに、単勝の延長線上にある馬単・三連単など、別の券種を買うのは、的中する見込みがほとんど無い上に、必然的に増える点数の分、馬券代を損するリスクが増えるだけなんだそうです。最悪のパターンは、単勝もめったに当てられないのに、むやみに三連単ばかりを多点数で買うことなんだそうです。田所辰也さんがある情報源を元に出している軸馬は勝率(1着になる確率)71.8%、複勝率(複勝で的中になる率)94.7%なんだそうです。単勝1番人気の勝率は30%程度で、複勝率でも60%くらいなので、田所辰也さんが選ぶ軸馬の信頼度は異常と言えるレベルなんだそうです。月220万円を稼ぐ馬単3点はどこにでも売っている競馬新聞をもとに出しているそうです。競馬新聞をやたらと馬鹿にしている予想家も多いそうですが、専門の記者だからこそ得られる貴重な情報の宝庫なのは間違いないそうです。何のツテもない素人が、新聞以上の情報をかき集めようとしたら、途方もない労力やお金が必要になるそうです。誰でも簡単に、現場からの最新情報を得られる競馬新聞こそが最もコストパフォーマンスのいい情報源であると田所辰也さんは考えているそうです。なるべく中立で、当たり障りない記事や情報を載せるように心がけていても、書いている記者が人間である以上、完全に本音を消し去ることはできないそうです。はっきりとは書かれていなくても、そこに本音を推し測るヒントがあるなら、隠れている本当に重要な情報を読み取ることは可能なんだそうです。国語力という一見、競馬と結びつかないこの要素が、冴えない営業マンを、馬単3点で毎月220万円当てる男に変えたそうです。田所辰也さんが3コイン競馬を提供する理由は端的に言うと、グッドチョイスに口説き落とされたからなんだそうです。競馬情報会社であるグッドチョイスに脱サラして3コイン競馬で身を立てている田所辰也さんの存在が知人を経由して伝わったそうで、熱烈なラブコールに根負けして独占契約を結ぶことになったそうです。2月13日(土)と2月14日(日)の結果を受けて、グッドチョイスの基準をクリアし、お墨付きをもらったそうなので、いよいよ来週末に動き出すそうです。

サイト名3コイン競馬
公式サイト http://www.sogood-c.net/so/
販売業者グッドチョイス
運営責任者田所 辰也(タドコロ タツヤ)
電話番号-
メールアドレスsupport@sogood-c.net
所在地-
IPアドレス202.172.28.172
運営組織DigiRock, Inc.
ドメイン取得日2016年01月29日