ダイレクト(DIRECT)の評価・評判

ダイレクト(DIRECT)

direct
悪徳

ダイレクト(DIRECT)の評価を検証してみた

ダイレクト(DIRECT)という競馬予想サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

ドメイン取得日と矛盾する記述

ダイレクト(DIRECT)のドメイン取得日は2015年07月28日なので、当日からサイトをオープンしたとしても、まだ1ヶ月程度しか経っていない若いサイトです。
しかし、それとは矛盾する記述がサイトの至るところに見つかったので、それぞれ取り上げたいと思います。

①サイトトップの文字

サイトのトップに書かれている文章の中に違和感を感じる箇所がありました。

ダイレクトDIRECT_サイトトップテキスト

弊社を利用する72%の会員様が
3ヶ月で1000万円を獲得!

もう一度言いますが、ダイレクト(DIRECT)はまだ運営を始めて1ヶ月程度のサイトです。
3ヶ月利用したことがある会員が存在するはずありません。

②「獲得配当金」

獲得配当金というページにこれまでの的中実績が掲載されています。
一番過去の実績まで遡ると、こちらもやはりドメイン取得日以前のものが掲載されていました。

ダイレクトDIRECT_的中実績

一番古い実績はこの2つでした。ドメイン取得日から約3ヶ月前のものです。
当時サイトは存在していないのに、提供していない情報を実績として掲載していいのでしょうか。

③「受賞履歴」

受賞履歴というページにこれまでの受賞してきた賞を掲載しています。

ダイレクトDIRECT_受賞履歴

まず、まだ1ヶ月しか運営していないサイトが数年前の話をしていることがおかしいです。
さらに「投資競馬協会審議会」を調べてみましたが、そんな議会は存在していませんでした。
存在しない議会の賞を受賞したところで、何も受賞していないのと同じ事です。

以上の3点からダイレクト(DIRECT)は情報を捏造している可能性が考えられます。

社員の写真が偽装されている可能性あり

ダイレクト(DIRECT)の「5名のスタッフによるパーソナルサポート」ページに見るからに素材画像の写真が社員の人物写真として掲載されています。
調べてみたところ、やはり素材サイトで配布されているものばかりでした。

▼ダイレクト(DIRECT)の「丸山 孝之」として掲載されている方の人物写真

 ダイレクトDIRECT_丸山孝之

▼「丸山 孝之」の人物写真を配布しているサイト

ダイレクトDIRECT_丸山孝之素材画像

「丸山 孝之」さんの写真はamana images(アマナイメージズ)で配布されているの写真素材でした。

更に、「代表挨拶」のページに代表として掲載されている方の写真も画像検索に引っかかりました。

▼「代表取締役会長 遠山 健二」挨拶

ダイレクトDIRECT_遠山健二

▼「代表取締役会長 遠山 健二」の人物写真を配布しているサイト

ダイレクトDIRECT_遠山健二素材画像

社員はともかく、代表の写真まで素材写真を使用しています。
これは明らかに人物を偽装していると言えると思います。
こんなにすぐに見つかってしまうような偽装をどうして平気で出来るのでしょうか。

社内写真に他社の写真を使用

「社内紹介」というページに社内の写真が掲載されていました。

ダイレクトDIRECT_社内紹介

それぞれの写真を調べてみると、以下の様に他社のサイトで使われている社内写真を悪用していました。

ダイレクトDIRECT_社内紹介使用写真03 ダイレクトDIRECT_社内紹介使用写真02 ダイレクトDIRECT_社内紹介使用写真01

他社の写真を平気で悪用するサイトは信頼できませんよね。
悪用までして社内の様子を掲載することもないと思うのですが、そんなに信頼を得たいのでしょうか。
信頼を得たいならこんなにわかりやすい偽装はやめた方がいいと思うのですが…

同一運営会社の可能性が高いサイトの存在

ダイレクト(DIRECT)はサイトの構成が似ていることから、フェイム(FAME)サーチ(Search)リンク(Link)ベネフィットエージェンシー(Benefit Agency)マイスター(Meister)ジャパンダイレクトラインエンブレム(EMBLEM)レーティング(Rating)と同じ運営者である可能性があります。

これらのサイトは、全てドメイン取得日と矛盾する記述があり、レーティング(Rating)ベネフィットエージェンシー(Benefit Agency)では、ドメイン取得日と矛盾するセミナーが開かれており、本当にセミナーが本当に行われているのか疑問視しています。
また、フェイム(FAME)サーチ(Search)リンク(Link)マイスター(Meister)ジャパンダイレクトラインでは、ダイレクト(DIRECT)と同じく社員画像が偽装されている疑いがあります。
上記のようなサイトと同じ運営者である可能性が高いので、上記のサイトと共にダイレクト(DIRECT)も注意した方がいいでしょう。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは10サイトもありません。

全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。

98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。
競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

リーク馬券 | 文句無し!2018年7月、最も管理人が稼いだサイト。

【08月05日】
小倉11R 小倉記念   877,400円
札幌08R 3歳上500万下   13,300円

【08月04日】
新潟07R 3歳未勝利 887,240円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【08月05日】
新潟09R 燕特別 1,231,450円

【08月04日】
札幌09R 3歳上500万下 594,400円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

そして!!!

週末は新潟競馬場で関屋記念が開催されます。

夏競馬も中旬に入り、盛り上がる事間違いなしの1レースです。

小回りの難しいコース、かつ混戦を制するのはどの馬でしょうか。

どのサイトも変わらず調子は良いので高確率で稼がせてくれると思いますが、

特にリーク馬券は昨年、新潟競馬場が得意で荒稼ぎしていたので、今年も期待していいと思います。

しっかりチェックして狙っていきましょう。

ダイレクト(DIRECT)の口コミ評価

口コミはまだありません。
最初の口コミを投稿しませんか?

口コミを投稿する

ダイレクト(DIRECT)に関する口コミを募集しています!

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

ダイレクト(DIRECT)の無料予想・無料情報

無料メルマガあり

ダイレクト(DIRECT)の有料情報・キャンペーン詳細

銀行振込、ネット銀行振込、クレジット決済

【パーフェクトリダクション情報】
情報提供日:8月30日(日)
提供本数と券種:三連単2本+三連複1本
馬券代金:1万3000円程度
獲得想定金額:600万円+α

【スタートクラス】
平均獲得配当金:60万円〜150万円

【スタンダードクラス】
平均獲得配当金:200万円〜500万円

【マスタークラス】
平均獲得配当金:500万円〜1000万円

【プレミアムクラス】
平均獲得配当金:1000万円以上

 

ダイレクト(DIRECT)のサイト説明・概要

ダイレクト(DIRECT)では、無数の「競馬内部関係者」と繋がり、直接情報を入手しているそうです。間に情報ルートを挟むことなく、直接やり取りが可能な状況がそこにはあり、常に「精度を落とすことなく」情報入手する事に成功しているそうです。そして、競馬内部関係者とのパイプを持つ社員が「情報入手〜情報提供」までを一貫して担当することで、常に会員のニーズに正確に応えることができるそうです。また、情報ルートへの報酬などの経費がかからない為、情報料金が格段に安く提供することが可能となっているそうです。さらに、一定の審査基準を満たし「優良」と認めた一部の情報会社に対して情報提供を行っているそうです。つまり、「情報ルート」としての側面もあるそうです。他の情報会社に入手した情報の一部を提供することで、ダイレクト(DIRECT)の会員から頂戴する情報料金をさらに安くすることが可能となっているそうで、これも会員に非常に好評なんだそうです。競馬内部関係者と「直接」繋がることで「精度の高い情報」の入手に成功し、余計な経費がかからないため、格段に安価な値段で会員への提供ができるという、まさに「いい事ずくめ」と言えるスタイルの確立に成功しているそうですが、これは決して他社が真似できる様な簡単なことではないそうです。競馬内部関係者と直に繋がる優秀な人間を社員として採用し、実際に会員と接することができる「1流のプランナー」まで育て上げ、実際に競馬内部関係者から「的中に直結する有益な情報」を入手するためには予算を惜しまないそうです。そして、会員に最適な投資プランを提供できる様に、社員教育することも簡単なことではないそうです。現在でこそダイレクト(DIRECT)は「投資競馬業界最先端」と呼ばれ、各方面から賞賛されるまでに成長することができたそうですが、ここに至ることができたのも「企業努力を惜しまず、着実に運営を続けてきた」からだと自負しているそうです。競馬でコンスタントに利益を得るための秘訣、それを簡単に言い表すと出走させる側の(馬主や調教師)の意図・思惑を知り、競走馬がその意図・思惑通りに走れるかを全体的に把握することで、いくらか馬主が「勝たせたい」と考え出走させたとしても、競走馬がそれに応えられるだけの力を持っていなかったり、力を出せる状態になければ勝つことはできないそうです。さらに「勝たせたい」と考え出走させる馬主は1人だけではないそうなので、馬主同士の力関係などもレース結果に大いに関係してくるそうです。ダイレクト(DIRECT)では、情報的中の精度を限度まで高めるために「内的要素」「外敵要素」「血統」「調教」「指数」というファクター毎に専属の解析班を用意し、それぞれにスペシャリストを配属しているそうです。この5つのファクターは全て重要であり、どれか1つでも欠けてしまうだけで情報の精度が著しく低下してしまい、不的中を招く事態となってしまうそうです。内的要素担当の主任「近藤義昭」さんは、騎手、調教師、馬主の意向などを直接入手することができるダイレクト(DIRECT)しか持つことが許されない情報班のようです。新聞などでは絶対に公表できない事情までもを知る情報力が会員に利益を支えているそうです。外的要素担当の主任「安本誠」さんは投資競馬で一番の不的中要素は各社の思惑が対象レースに重複する事と考え、外的要素担当班では各社、各勢力の状況を把握し安全な投資を提供しているそうです。この分野の機関を所持している投資競馬会社はダイレクト(DIRECT)しかないそうです。血統担当の主任「今井和也」さんは走らない馬がいきなりperformanceを上げるということは競馬業界では珍しくないそうです。この様な場合は適正に影響しその適正は血統が教えてくれるそうです。みんながあっと驚く人気薄を血統により導き出し、会員に高額配当金を提供するのが血統担当班のようです。調教担当の主任「松本雅史」さんは馬の調子から想定通りパフォーマンスをすることができるかを見極める調査機関のようです。調教担当班を通すことにより不的中要素の排除に務めているそうです。指数担当の主任「丸山孝之」さんは能力測定のスペシャリストのようです。全レースのテン、上がりタイムや道中の走破タイムから実質的力関係の相関図を作成しているそうです。この指数を駆使するだけでも通常の投資競馬サイトの情報を上回るクオリティを持っているそうです。

サイト名ダイレクト(DIRECT)
公式サイト http://direct-1.com/
販売業者株式会社ノアール
運営責任者遠山健二
電話番号03-6311-4818
メールアドレスinfo@direct-1.com
所在地東京都新宿区高田馬場4丁目1番7
IPアドレス27.111.202.93
運営組織SSI_LAB-HK2
ドメイン取得日2015年07月28日