競馬情報会社パーシア(Parthia)の評価・評判

競馬情報会社パーシア(Parthia)

parthia-0001
悪徳

競馬情報会社パーシア(Parthia)の評価を検証してみた

今回は競馬情報会社パーシア(Parthia)という競馬予想サイトを評価していきます。

サイトにアクセスしてみるとデザインは競馬とわかるような画像の掲載もありますし、有馬記念の特集も組まれていますので一目で競馬情報サイトとは把握することができそうです。

サイト情報を調べて見ると、ドメイン取得日は2005年03月09日。最短でオープンしていたとすれば運営期間は12年以上ということになります。

12年間も変わらず運営していたのであれば見栄えなどはもっと良くできたのではないかとも思えますが・・・。

スクリーンショット 2017-12-19 17.35.05

競馬情報会社パーシア(Parthia)には会員登録などはなく、誰しもがサイト内のみで情報を閲覧できるようになっており、無料情報・有料情報のみメールで配信している競馬情報サイトであることがわかりました。

TOPページは少し目を通しにくいというのが印象ですね。

有馬記念の特集ページを組んでいるのは良いかとも思うんですが、他は全て的中速報として直近3ヶ月の実績を掲載しているだけです。

サイト理念や的中へと導く根拠などの記載があるのが一般的ですが、ここまで実績をゴリ押ししているのを見る限り、よほど実績に自信を持っているサイトと思えます。

そこまで実績に自信があるなら有馬記念の特集では一体どのような事を取り上げているのかと思い、目を通してみました。

スクリーンショット 2017-12-19 17.40.24

記載のある内容は前レースの結果と簡単な短評のみ。

正直話しますと、競馬情報サイトであるならばこれまでの傾向や展開の話などがあっても良かったのではないかとも思えるショボい内容でした。

加えてシュヴァルグランをシュバルグランと誤字をしている点にも気にかかりますね。

サイトを運営しているのであれば、こういった誤字は確認するべきですしましてや競走馬の名前を間違えるなどご法度です。

さらに、レインボーラインについての解説では着差自体はそれほどないとありますが、天皇賞春では12着・宝塚記念では1着と5馬身差以上の5着・天皇賞秋こそ3着に食い込んだもののジャパンカップでも勝ち馬であるシュヴァルグランとは6馬身差

これで大差ないと言えるのであればほとんどの競走馬が大差ないことになってしまいますから、もう少し競馬用語についての理解を求めたくなります。

サトノクラウンに関しても展開が向かなかったわけではなく、競馬実況者も話していましたが仕上げがいまいちになっていただけです。

本当に下調べしたのかすら怪しく思える内容ですし、現段階で私は競馬情報会社パーシア(Parthia)を利用したいとは思えません

競馬情報会社パーシア(Parthia)の提供情報に関して

とても競馬情報会社とは思えない特集で競馬を語る競馬情報会社パーシア(Parthia)ですが、無料情報と有料情報に関して検証していきます。

まずは無料情報から。

スクリーンショット 2017-12-19 17.56.54

どうやら無料情報に関しては買い目を提供しているわけではなく、あくまでも狙い目の推奨馬を選出しているだけみたいです。

あまりこういう事を言うのもどうかとも思いますが、競馬情報サイトとしての自覚はあるのでしょうか?

はっきり言わせてもらえれば先程からの競馬情報会社パーシア(Parthia)の特集や無料情報はサイトを利用せずとも競馬新聞一冊で事足ります

むしろ競馬新聞であれば調教でのラップタイムなどで調子が図れますし、血統なども詳しく見ることができるので、おすすめ馬の馬名だけを推奨馬として送る競馬情報会社パーシア(Parthia)よりは何百倍も参考になりますしタメになります。

まぁあくまで無料情報ですから、こんなものか程度で目を流して有料情報に目を向けていきましょう。

スクリーンショット 2017-12-19 18.04.14

提供する情報の内容ですが、厳選した2レースと記載があります。

私はここに待ったをかけます!

厳選した情報とは一体どのような経路で入手した情報なのか、そしてその情報の精度はいかなるものなのか。

少なからず優良競馬情報サイトと認定されているサイトであれば非会員TOPまたは有料情報のページ内で必ず情報の出処を明かした上でその精度を話してくれています

しかし競馬情報会社パーシア(Parthia)の場合はどうでしょうか、厳選した2レースとだけ話、内容についてはほとんど触れず券種や買い目についての話題に切り替えています。

仮にも競馬情報会社パーシア(Parthia)が独自に買い目を決めているとします、しかし前項目を見てもらえば分かる通り競馬情報会社パーシア(Parthia)の運営者は馬名を間違い、短評は前レースからの予想、加えて大差である着差にも関わらず大差とは呼ばないと話す人です。

このような人物から有益な買い目が送られてくるでしょうか?

当然ながら素人感丸出しのガチガチな買い目ばかりしか届かないでしょう。

無料情報は競馬新聞以下の参考にならない情報であり、有料プランに関しては参考のさの字すらないほどのくだらない予想ですから競馬情報会社パーシア(Parthia)の提供情報を利用する価値はありません。

競馬情報会社パーシアの的中実績を検証

競馬情報会社パーシアに掲載されている最も古い的中実績は2005年03月06日のものでした。

スクリーンショット 2017-12-19 16.45.51

阪神09Rで60,330円の払い戻しがあったみたいです。

日付やレース名の記載がなかったので、記載のある平成17年のミモザ賞の日付を調べてみると4月2日とわかりました。

そこからJRAの公式ページでそれより以前の阪神9Rの5-7-2で決着したレースを探していくと、3月6日のさわらび賞と判明しました。

しかし、上記実績はねつ造されたモノと断定することができます。

Parthiaのドメイン取得日は2005年3月9日ですのでドメイン取得日よりも以前の実績となります。

サイトが開設していなければユーザーはParthiaへと登録することができませんし、登録者がいなければ情報を提供することができないので、提供予定の情報が的中したとしても実績として掲載することはできません。

にも関わらず堂々とねつ造された実績をサイト内に記載している時点で的中するサイトと思わせたいのでしょう。

的中実績をねつ造するような競馬情報サイトが優良サイトであるわけがないので、利用・登録することは控えておきましょう。

競馬情報会社パーシア(Parthia)の特定商取引法に関する表記を調査

競馬情報会社パーシア(Parthia)の特定商取引法に関する表記を調べてみました。

まず、競馬情報会社パーシア(Parthia)の運営会社は株式会社ターフクラシック。住所は大阪市住之江区粉浜西1-1-16となっていました。最初に「株式会社ターフクラシック 住之江区」で検索をしてみました。該当する検索結果はたくさん出てきたのですが、競馬情報会社パーシア(Parthia)を運営する株式会社ターフクラシックに関する情報は一切確認することができませんでした。

また、記載されていた住所を調べてみると、該当する住所にはパールスクェアーという賃貸マンションがあることが判明しました。

株式会社ターフクラシックは賃貸マンションを利用して登記しているのでしょう。その他の情報に関しては問題無く記載されていたので、特定商取引法に関する表記という観点では合格なのですが、ホームページも存在しない会社でレンタルオフィスで登記しているということを考えると、実態の無い、競馬情報会社パーシア(Parthia)の名義会社にするために作られた会社なのでしょう。

特定商取引法に関する表記はインターネット上で情報や商品を販売する場合、記載することが法律で義務付けられています。法律で義務付けられているということは、記載が無い場合や、内容が不十分という場合は違法ということになるのですが、罰則が重くないこともあって、悪徳競馬予想サイトの中には法律違反を承知で特定商取引法に関する表記を記載していなかったり、運営会社や住所、電話番号といった重要な項目を隠したりしています。

このような違法サイトを利用しないというのはもちろんなのですが、これだけでは不十分です。特定商取引法に関する表記をしっかりと記載している競馬予想サイトの中にも競馬情報会社パーシア(Parthia)のような悪徳競馬予想サイトは多数存在しています。

特定商取引法に関する表記がしっかり記載されているか否かで、悪徳競馬予想サイトを見つけることは可能ですが、特定商取引法に関する表記をしっかり記載している=優良競馬予想サイトではないということを知っておかなければいけません。

様々な要素を検証・検討した上で初めて優良競馬予想サイトと判断できるのです。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは10サイトもありません。

全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。

98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。
競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

リーク馬券 | 文句無し!2018年7月、最も管理人が稼いだサイト。

【08月19日】
新潟06R 3歳未勝利   1,137,340円
札幌06R 3歳未勝利   43,290円
小倉01R 障害3歳未勝利   21,700円

【08月18日】
新潟06R 3歳未勝利 947,920円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【08月19日】
札幌08R 3歳上500万下 855,260円

【08月18日】
小倉08R 3歳上500万下 855,260円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

そして!!!

週末は札幌競馬場でキーンランドカップが開催されます。

夏競馬も終盤に入り、盛り上がる事間違いなしの1レースです。

小回りの難しいコース、かつ混戦を制するのはどの馬でしょうか。

どのサイトも変わらず調子は良いので高確率で稼がせてくれると思いますが、

特にリーク馬券は昨年、札幌競馬場が得意で荒稼ぎしていたので、今年も期待していいと思います。

しっかりチェックして狙っていきましょう。

競馬情報会社パーシア(Parthia)の口コミ評価

口コミはまだありません。
最初の口コミを投稿しませんか?

口コミを投稿する

競馬情報会社パーシア(Parthia)に関する口コミを募集しています!

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

競馬情報会社パーシア(Parthia)の無料予想・無料情報

無料情報あり

競馬情報会社パーシア(Parthia)の有料情報・キャンペーン詳細

有料情報あり

  • 厳選2レースサービス
  • 大穴予想サービス

競馬情報会社パーシア(Parthia)のサイト説明・概要

年間運用実績150%以上を誇る正統派競馬予想会社です。

サイト名競馬情報会社パーシア(Parthia)
公式サイト http://www.parthia.jp/
販売業者株式会社ターフクラシック
運営責任者増田一洋
電話番号06-6672-2024
メールアドレスkanri@parthia.jp
所在地大阪市住之江区粉浜西1-1-16
IPアドレス203.137.93.187
運営組織Japan System Development.Inc
ドメイン取得日2005年03月09日