競馬で大穴の過去最高配当をご紹介!各券種や最近の歴代最高額まで完全網羅!

競馬大穴過去最高 アイキャッチ画像

競馬で大穴レースを的中させた時の配当が凄まじいことはみなさんご存じでしょう。

では、歴代の競馬の中で大穴の過去最高配当が出たレースは一体どれくらいなのでしょうか。

今回は、ジャンルごとに分けた最高配当をランキング形式でご紹介していきます。

個人的なおすすめは③の競馬予想で大穴を狙える方法です。

ランキングを理解することも大事ですが、実際の競馬予想に活かせるのは③の部分です。

各ジャンルのランキングを踏まえたうえで、ぜひ見てみて下さい。

競馬の大穴とは?

競馬大穴過去最高 トップ

まず、競馬の大穴について解説していきます。

競馬の大穴とは「下位人気の馬が馬券に絡むことによって超高額な配当が付くこと」です。

一般的に、競馬は競走馬の人気に比例して入線確率が高くなります。

そのため、下位人気の人気が薄い馬が入線することはかなりの大番狂わせで、当然下位人気の馬の馬券を購入する人も少ないです。

しかし、稀に下位人気の馬が好走することにより馬券内を下位人気馬が占める展開が起こり、その時に「大穴」という用語が使われます。

狙って的中させることは不可能ではありませんが相当難易度が高く、運が絡まなければ不可能です。

そのため、大穴は競馬をやっている人にとってはロマンであり、1回的中させるだけで人生が変わるほどの配当を手に入れることができます。

競馬の大穴過去最高配当ランキングTOP10

競馬大穴過去最高 過去最高配当ランキング

ではさっそく、競馬の大穴過去最高配当ランキングTOP10をご紹介します。

下記の表に1位〜10位までの概要をまとめましたので、ぜひご覧ください。

▶️歴代過去最高配当ランキングTOP10

順位 配当金額 レース開催日 レース名 券種 着順(人気) 勝ち馬
1位 2983万2950円 2012年8月4日 2歳新馬 3連単 8(14)-6(12)-14(10)【同着】 ミナレット
2位 2792万9360円 2015年9月21日 2歳未勝利 3連単 4(11)-14(9)-5(15) アリオンダンス
3位 2294万6150円 2017年12月3日 3歳以上500万円以下 3連単 15(15)-14(6)-11(14) ディスカバー
4位 2180万2320円 2017年12月9日 3歳以上500万円以下 3連単 3(16)-14(12)-11(6) ランニングウインド
5位 2073万8890円 2021年2月20日 3歳1勝クラス 3連単 16(11)-6(15)-8(9) ハコダテブショウ
6位 2070万5810円 2015年5月17日 ヴィクトリアマイル 3連単 5(5)-7(12)-18(18) ストレイトガール
7位 1950万7010円 2011年2月13日 3歳未勝利 3連単 8(9)-3(15)-13(6) ゲティスバーグ
8位 1846万9120円 2005年10月22日 3歳以上1000万円以下 3連単 3(16)-11(12)-4(3) ゼンノエキスプレス
9位 1806万8890円 2019年2月10日 4歳以上1000万円以下 3連単 4(14)-6(13)-15(11) マイネルアンファン
10位 1773万円 2023年8月20日 3歳以上1勝クラス 3連単 10(14)-14(16)-12(9) ワレハウミノコ

歴代最高配当を記録したのは2012年に開催された2歳新馬戦での2983万2950円。

ちなみに、このレースでは2,3着の馬が同着で決着している事により、配当の組み合わせが2通り存在しました。

3連単では同着レースの場合、的中数が増えるかわりに配当が減額されます。

すなわち、同レースで2着に12番人気、3着に10番人気の馬が順当に入線していた場合は配当が更に高くなっていたということです。

ただでさえ高すぎる配当がさらに高くなっていた可能性があったと考えると同レースがどれだけ荒れた展開だったのがが見て取れますね。

ちなみに、競馬の過去最高配当を記録した際の券種はすべて3連単でした。

3連単は組み合わせの数が他の券種と比べてダントツで多いことから、基本的にレースで最も配当が高くなり、このような結果となっています。

関連記事:競馬の3連単でよく当たる数字(出目)ランキング!最も多い組み合わせは?

競馬予想で大穴を狙う方法を大公開!

さて、前項目では競馬全体の最高配当ランキングについて解説していきましたが、実際のところ、これだけを把握したところで予想を当てることはできません。

そこでおすすめしたいのは、昨今流行中のプロ競馬予想を参考に予想することです。

自分以外の予想を参考にするのは不安な部分もあると思いますが、現に馬ラボはこの方法で穴決着を何度も的中させることに成功しました。

本項目では、実際に大穴をズバリ読み当てたプロ予想をランキング形式でご紹介していきます。

なお、ご紹介するのはすべて無料で買い目を受け取れるサイトのみなので、複数気になる場合は併用することも検討してみると良いでしょう。

※サイト名をタップ→無料登録で予想受け取りが可能

順位 サイト名 最高払戻金(オッズ)
毎レースの平均払戻金
戦績
合計払戻金
勝率 回収率
1位 KEIBA@ 最高払戻:249,300円(馬連249.3倍)
平均払戻:127,147円
7戦5勝2敗
+719,820円
71% 983%
2位 winner 最高払戻:304,700円(3連複304.7倍)
平均払戻:74,056円
23戦19勝4敗
+1,260,300円
82% 399%
3位 トクスル 最高払戻:238,900円(3連複248.9倍)
平均払戻:121,925円
8戦7勝1敗
+895,400円
87% 1219%

見て分かる通り、上記に挙げたプロ予想家によるサイトはどれも優秀な成績を残していることが見て取れます。

中でも突出しているのは、馬連予想にも関わらず配当が250倍近い穴決着をズバリ的中させたKEIBA@

KEIBA@はなんと前日にも同じく馬連で227倍のレースを当てており、穴決着にかなり強いサイトと言えます。

また、winnerトクスルに関しても遜色ない払戻性能を備えており、精度は抜群。

このように数値化してみると、穴決着も狙える範囲内であることがわかると思います。

自身で実現させたい方もいると思いますが、こういったプロ予想家を信頼することも近道となるので、ぜひ参考にしてみてください。

▶その他の高配当予想が得意なサイト一覧はこちらから

各券種ごとの大穴過去最高配当

競馬大穴過去最高 券種ごとランキング

続いては、各券種ごとの過去最高配当を紹介していきます。

▶️券種ごとの過去最高配当

券種 配当金額 レース開催日 レース名 着順(人気) 勝ち馬
複勝 18020円 2023年5月13日 3歳未勝利 2(11) ニホンピロパークス(2着)
単勝 56940円 2014年4月26日 4歳以上500万円以下 1(16) リバティーホール
ワイド 16万6200円 2022年12月25日 3歳以上1勝クラス 13(16)-15(12) トロワシャルム
枠連 14万9110円 2023年7月9日 3歳未勝利 9(13)-8(10) ボールドトップ
馬連 50万2590円 2006年9月9日 3歳未勝利 14(13)-7(12) メイショウギリー
馬単 149万8660円 2006年9月9日 3歳未勝利 14(13)-7(12) メイショウギリー
3連複 695万2600円 2006年9月9日 3歳未勝利 14(13)-7(12)-9(8) メイショウギリー
3連単 2983万2950円 2012年8月4日 2歳新馬 8(14)-6(12)-14(10) ミナレット

データを見ると、各券種ごとの過去最高配当が出たレースはすべて平場戦であることが分かります。

中でも3歳未勝利が最も多く、馬連・馬単・3連複に関してはすべて同一レースにて過去最高配当を記録しました。

平場戦では競走馬の実力が比較的均衡しており、条件が近い馬が出走することが多いため、大穴展開を読みにくいことが要因だと考えられます。

ちなみに、複勝やワイド、枠連に関しては記録が更新されたのは比較的最近です。

券種の性質上、長年最高配当が更新されていない券種に比べると記録が更新されやすい印象なので、最高配当を狙うなら複勝やワイド、枠連が良いでしょう。

各年代ごとの大穴過去最高配当

競馬大穴過去最高 年代ごとランキング

次に紹介するのは各年代ごとの大穴過去最高配当です。

各年で最も高配当がついたレースを見てみるのも雑ネタとして面白いと思うので、ぜひご覧ください。

▶️各年代ごとの過去最高配当(直近10年)

年代 配当金額 レース開催日 レース名 券種 着順(人気) 勝ち馬
2023年 1773万円 8月20日 3歳以上1勝クラス 3連単 10(14)-14(16)-12(9) ワレハウミノコ
2022年 1460万40円 2月12日 4歳以上2勝クラス 3連単 6(16)-14(5)-8(12) ヤマメ
2021年 2073万8890円 2月20日 3歳1勝クラス 3連単 16(11)-6(15)-8(9) ハコダテブショウ
2020年 - - - - - -
2019年 1806万8890円 2月10日 4歳以上1000万円以下 3連単 4(14)-6(13)-15(11) マイネルアンファン
2018年 1015万3500円 10月21日 十日町特別 3連単 13(6)-5(15)-7(18) ハトホル
2017年 2294万6150円 12月3日 3歳以上500万円以下 3連単 15(15)-14(6)-11(14) ディスカバー
2016年 - - - - - -
2015年 2792万9360円 9月21日 2歳未勝利 3連単 4(11)-14(9)-5(15) アリオンダンス
2014年 1299万5280円 7月27日 サラ系3歳以上500万円以下 3連単 17(15)-15(12)-7(9) メイケイペガムーン

※一部データがない年代もあります

直近10年間で最も高い配当がついたレースは2015年9月21日に開催された2歳未勝利戦でした。

同レースは歴代の配当ランキングでも2位となっています。

また、2023年で最も配当がついたのは8月20日に開催された3歳以上1勝クラスの1773万円。

上で挙げた配当に比べると約1000万円低いものの、札幌競馬場では初の1000万円超えの配当だったことで一時期話題になりました。

ちなみに、このレースの的中者は4名だったそうです。

これほどまでに配当が高いレースでも的中者がいるということにも驚きですね。

G1レースにおける大穴最高配当ランキングTOP5

競馬大穴過去最高 G1ランキング

競走馬の実力差があり、平場戦に比べると荒れにくいと言われているG1レース。

本項目では、歴代のG1レースで起こった高配当レースランキングをご紹介していきます。

▶️G1レースにおける過去最高配当ランキングTOP5

順位 レース名 配当金額 券種 着順(人気) 勝ち馬
1位 ヴィクトリアマイル2015 2070万5810円 3連単 5(5)-7(12)-18(18) ストレイトガール
2位 秋華賞2008 1098万2020円 3連単 4(11)-1(8)-15(16) ブラックエンブレム
3位 NHKマイルカップ2007 973万9870円 3連単 14(17)-10(1)-18(18) ピンクカメオ
4位 桜花賞2008 700万2920円 3連単 15(12)-18(15)-13(5) レジネッタ
5位 高松宮記念 449万7470円 3連単 3(3)-4(12)-7(17) ミスターメロディ

歴代のG1レースの最高配当は2015年に開催されたヴィクトリアマイルの2070万円5810円です。

同レースは歴代全レースの高配当ランキングでも6位で、屈指の大穴決着となったレースでした。

2位に記録された秋華賞2008の1098万2020円には約2倍の差をつけており、荒れにくいG1レースの中では異例の結果であったことがわかります。

また、注目なのは2位の秋華賞2008と4位の桜花賞2008年。

同年に開催された牝馬クラシックから2レースがランク入りしており、大荒れの年だったことが見て取れます。

WIN5における大穴最高配当ランキングTOP5

競馬大穴過去最高 WIN5ランキング

最後に、WIN5の大穴最高配当ランキングをご紹介していきます。

一般の馬券の買い方とは全く異なりますが、配当は桁違いで見応えもあるのでぜひご覧ください。

▶️WIN5における過去最高配当ランキングTOP5

順位 開催日程 配当金額 レース 結果(人気) 的中票数
1位 2021年3月14日 5億5444万6060円 阪神10R-中山10R-中京11R-阪神11R-中山11R 9(4)-3(4)-5(10)-5(8)-8(3) 1票
2位 2021年1月11日 4億8178万3190円 中京9R-中山10R-中京10R-中山11R-中京11R 13(4)-2(5)-14(14)-9(3)-7(5) 1票
3位 2019年2月24日 4億7180万9030円 阪神10R-中山10R-小倉11R-阪神11R-中山11R 6(2)-5(15)-13(12)-17(11)-1(5) 1票
4位 2020年02月02日 4億3390万7040円 京都10R-東京10R-小倉11R-京都11R-東京11R 3(9)-10(1)-2(14)-8(3)-11(3) 1票
5位 2023年09月24日 4億2878万3320円 中山9R-阪神10R-中山10R-阪神11R-中山11R 9(12)-6(15)-2(6)-3(3)-13(4) 1票

歴代のWIN5で最も高配当がついたのは2021年3月14日の5億5444万6060円でした。

1〜5位全て4億円以上の配当がついており、一般の馬券と比べると配当が破格であることがわかります。

また、的中票数はどれも1票で、本当に運を味方した方のみが得られる配当だと言えるでしょう。

WIN5に関しては一般の馬券の買い方とは少し異なり、複雑な内容もあるため気になる方は別にまとめたWIN5の記事も参考にしてみてください。

WIN5についてまとめた記事はこちら

競馬の大穴過去最高配当についてのまとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

本記事では競馬の大穴過去最高配当についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分では到底当てることが出来ないような高配当レースでも、世の中には的中させている方がいると考えると驚きですよね。

ぜひ、本記事のデータを参考になにか競馬予想や大穴狙いに役立てていただけますと幸いです。