競馬はワイドボックスが最強!?その理由と具体的な買い方を解説!

ワイドボックス最強 アイキャッチ画像

今回はワイドボックスについて解説していきます。

競馬には10種類の券種が存在しますが、その中でもワイドは多くの方に好まれている券種です。

そして実は、その買い方の1つであるワイドボックスが最強と言われていることをご存知でしょうか。

「ただのワイドが最強?」「ワイド好きの偏見でしょ」

こう思う方もいるかもしれませんが、これは、しっかり根拠がある定説なのです。

本記事では、ワイドボックスが最強と言われる理由をはじめ、ワイドボックスで実績を挙げた予想家の収支公開、具体的な最強の買い方までを徹底解説。

ぜひ最後までご覧いただき、皆さんの競馬予想の1つの引き出しにしていただけますと幸いです。

ワイドボックスとは?

ワイドボックス最強 トップ

ワイドとは3着以内に入線する馬2頭を順不同で当てる買い方です。

そしてワイドボックスとは、馬を複数頭選びその馬で考えられるワイドの組み合わせをすべて購入する買い方を指します。

ボックス買いは他の券種でも用いられる買い方ですが、その中でも比較的幅広い決着に対応しやすいワイドという券種に相性ピッタリの買い方です。

軸馬を選ぶ必要がないという点も特徴で、あえて馬を絞らずに的中を狙える点も魅力と言えるでしょう。

ワイドボックスの組み合わせ一覧

ワイドボックスの組み合わせは下記の通りです。

馬の数 1頭 2頭 3頭 4頭 5頭 6頭 7頭 8頭 9頭 10頭 11頭 12頭 13頭 14頭 15頭 16頭 17頭 18頭
点数 0 1 3 6 10 15 21 28 36 45 55 66 78 91 105 120 136 153

※最大18頭立て

選ぶ馬の数を増やせば増やすほど点数が増え、それだけ的中確率は上がっていきます。

ただ、ワイドはそこまで高い配当が付く券種ではないため、おすすめはワイドボックス6頭までに押さえること。

この場合は、各点数の賭け金が同じだと合計15倍のオッズが付けばマイナス収支になることはないので、比較的現実的です。

また、上記の組み合わせの数が変わることはないので、いちいち確認が面倒な場合は暗記してしまいましょう。

ワイドボックスが最強と言われる理由3選

それではワイドボックスが最強と言われる理由について解説していきます。

ワイドボックスが最強と言われる理由
  • 的中率が高く複数的中も狙える
  • 点数が抑えられるためリスクが低い
  • 気軽に穴馬を選ぶことができる

それぞれ確認していきましょう。

的中率が高く複数的中も狙える

ワイドボックス最強 的中率

ワイドボックスが最強と言われる理由の1つ目は的中率が高く複数的中も狙えるからです。

そのそも、ワイドは10種類ある券種の中でも3番目に当てやすい券種で、複勝以外にはない3通りの的中組み合わせがあります。

実際にワイドで複数通りの的中をさせたことがある方は分かると思いますが、的中時の配当は他券種をはるかに上回ることも珍しくありません。

そして、ワイドボックスは馬券に絡む馬を幅広く選ぶことができるので、その複数的中を狙いやすいというメリットがあります。

簡単に言い換えると「当てやすいうえに高配当も狙いやすい」ということなので、効率良く稼ぐにはもってこいです。

「最強」という言葉には使う人によって様々な意味が込められていますが、ここでの最強は「他券種よりもはるかに勝ちやすい」という意味の最強だと言えます。

点数が抑えられるためリスクが低い

ワイドボックス最強 リスク

ワイドボックスが最強と言われる理由の2つ目は点数が抑えられるためリスクが低いからです。

加えて、前項目で挙げた「当てやすいうえに高配当も狙いやすい」という点も考慮するとよりメリットを感じることが出来ます。

では試しに、各券種で5頭ボックスを購入した場合の組み合わせ数を見てみましょう。

  組み合わせ数
ワイド 10点
馬連 10点
馬単 12点
3連複 4点
3連単 24点

見たところ、3連単を除いてどの券種も比較的点数は少なめに思えます。

特に3連複に関しては同じ5頭ボックスでも4点と、破格の買い目点数です。

ただ、ここで思い出していただききたいのが、先ほどお伝えした「当てやすいうえに高配当も狙いやすい」という点も考慮するという部分。

それを考慮すると、下記のような結論に至ります。

  • 馬連:複数的中時の配当はワイドに劣る場合がある
  • 馬単:ワイドより多い点数が必要で複数的中時の配当はワイドに劣る場合がある
  • 3連複:ワイドに比べて遥かに当てにくいうえに複数的中時の配当はワイドに劣る場合がある
  • 3連単:ワイドに比べて遥かに当てにくく倍以上の点数が必要

最も組み合わせ数が少ないのは3連複ですが、3連複は1〜3着の馬をすべて当てなければいけないのがネック。

仮に、3連複が的中するという条件だとワイドも3通り的中を実現させることができるので、配当が3連複よりも高くなる可能性があります。

以上を踏まえると、点数が抑えられてリスクが低く、なおかつ他券種よりも高い配当を狙える可能性があるワイドが最強と言われる理由がわかるでしょう。

気軽に穴馬を選ぶことができる

ワイドボックス最強 穴馬

ワイドボックスが最強と言われる理由の3つ目は気軽に穴馬を選ぶことができるからです。

ボックス買いの場合、軸馬という概念がないため、入線しそうな好きな馬で買い目を作成することが可能。

穴馬を選んだとしても、実力がある堅めの馬をしっかり買い目に含めていれば問題なく的中を狙うことが出来ます。

むしろ、穴馬を含めることで予期せぬ高配当が付く場合もありますし、幅広い買い目を作成するという意味でかなり効果的です。

例えば3連単で大穴決着を狙うことは現実的に難しいですが、ワイドの穴決着であればかなり現実的に狙えます。

1レースで多額の払戻を得ることも醍醐味の1つなので、それを気軽に狙えるというのは非常に魅力的でしょう。

ワイドボックス予想を公開している予想家の収支を公開!

ここまでワイドボックスが最強と言われる理由について解説していきました。

最強と言われるだけの根拠があることはわかりましたが、現段階ではワイドボックスが最強という肝心の結果がありません。

そこで本項目では、馬ラボがこれまでに参加してきた予想家によるワイドボックス予想の参加結果を公開していきます。

予想家達の結果を見ることで、実際にどれだけの方がワイドボックスで稼げているのかが分かるはず。

ランキング形式でご紹介していきますので、気になる予想家がいればその予想を参考にしてみることも手段の1つでしょう。

順位 サイト名 ジャンル 合計収支 平均払戻金 勝率 回収率
1位 トクスル 競馬予想サイト +1,145,460円 78,343円 86% 642%
2位 ギガうま 競馬予想サイト +876,120円 56,421円 91% 564%
3位 邪推師ganma 競馬Youtuber +183,210円 6,782円 61% 212%
4位 VUMA AI予想家 +110,900円 12,549円 62% 142%
5位 単勝爆進王 競馬Youtuber +60,920円 3,450円 41% 120%

見て分かる通り、どの予想家もプラス収支を維持していることがわかります。

中でも魅力的なのは、競馬予想サイトというジャンルのトクスル

勝率が高いうえに回収率まで600%以上、加えて合計収支も100万円を突破しています。

他の予想家と比べてダントツの合計収支を記録しているため、最強の名にふさわしいサイトだと言えるでしょう。

また、全体的に「当てやすいうえに高配当も狙いやすい」という条件を満たしたサイトがほとんどでした。

結果を踏まえると、ワイドボックスは間違いなく稼げる買い方であると言えます。

上記に挙げたサイトや予想家の中で、興味があるジャンルの方がいれば、ぜひチェックしてみてください。

ワイドボックスの最強の買い方をご紹介!

最後にワイドボックスの最強の買い方をご紹介します。

今回ご紹介するのは、前項目で紹介した予想家も取り入れている買い方です。

ワイドボックスの最強の買い方
  • ワイド3頭ボックス
  • ワイド5頭ボックス

それぞれ気になる項目に目を通してみてください。

ワイド3頭ボックス

ワイドボックスの最強の買い方1つ目はワイド3頭ボックスです。

ワイド3頭ボックスは全3通りになる買い方で、仮に不的中になっても損失が少ない券種。

最大配当となる3通り的中も狙えるので、ワイドの中では最もリスクが少なく、最も効率良く配当を狙える買い方といっても過言ではありません。

ワイド3頭ボックスで馬券を購入するおすすめのレースは、鉄板レースが期待できそうなレース。

こういったレースの場合は、1点に賭ける投資金額を高めに設定することで高い配当を狙うことが出来ます。

鉄板レースになれば3通り全て的中となるので、それぞれのオッズが低くても確実にプラスにすることが可能。

もしワイド3頭ボックスで馬券を購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

ワイド5頭ボックス

ワイドボックスの最強の買い方2つ目はワイド5頭ボックスです。

ワイド5頭ボックスは全10通りになる買い方で、幅広い着順に対応できる点が魅力。

ワイド5頭ボックスで勝負する際に重要なのは、買い目の中にしっかり穴馬を含めること。

おすすめの買い目は下記のとおりです。

  • そのレースの有力候補1〜2頭
  • 4〜7番人気などの中間人気馬1〜2頭
  • 直近のレース成績や適性が高い穴馬1頭

上記の狙い方は最もバランス良く的中を狙うことができ、配当にも期待できます。

10点予想ということもあってそこまでリスクも高くありませんし、より配当を狙いたい方はワイド5頭ボックスを試してみてください。

【まとめ】ワイドボックス最強

本記事では競馬においてワイドボックスが最強という題目で解説していきましたが、いかがでしたでしょうか。

そう言われる理由や、実際にワイドボックスの収支を見て、最強と言われていることに納得していただけた方も多いと思います。

ただ、最強と言われていても、結局は予想の仕方や知識などで各々の結果に差が開いてしまうことも事実。

そのため、予想に自信がない方は記事内に挙げた予想家による予想などを参考にしてみることも1つの正解かもしれません。

興味があれば、本記事で特に突出した実績を残した競馬予想サイトランキングをぜひ参考にしてみてください。