競馬予想サイトを徹底検証!本気で勝つサイトを紹介します。

ドリームラインの評価・評判

悪徳競馬予想サイトの可能性が高いです。

悪質なサイトに気をつけてください。

ドリームラインを検証・調査してみました

ドリームラインという競馬情報サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

同一運営会社の可能性が高いサイトが複数判明

ドリームラインのドメイン・サーバー情報から、300人競馬-紅犬-伝説の一点最速で一億円 フィールドエンズ川中式的中術的中節三連単必中怪物の一点MONSTER伝説の加賀美マニュアル岡本武雄の『的中が爆発だっ!!』夢幻屋超大穴的中メソッド「ニードル」アマテラス(AMATERAS)三連単一点的中の禁じ手バリュースターズ爆撃の一点星野があなたへ大金星構想4年の競馬ソフト完成への道、などのサイトと同一運営会社の可能性が高いです。

この業者のサイトは「DigiRock, Inc.」というサーバー会社を使っているというのが一つの特徴なので、サーバー会社を見て「DigiRock, Inc.」となっていた場合は、この業者のサイトである可能性が高いと疑った方がいいと思います。

この業者がリリースしているサイトは当サイトで検証済みのサイトだけでも80サイト近くあります。
サイトの量産が異常に早く、月に5サイト前後立ち上げる程のスピードです。
それぞれのサイトを見ると、毎回的中率や回収率、平均獲得金額が異常に高かったり、超高性能のソフトを持っていたりなど、とても”素晴らしい”実績を持っているので、その実績が本当であればこんなにたくさんのサイトを立ち上げる必要はないはずです。
むしろ、それだけの実績があるなら一つのサイトで運営していった方が、会員数も囲えそうですし、運営も楽になるのではないでしょうか。

上記に挙げたサイトは80サイト以上あるサイトの中でも、悪評が多かったサイトです。
これらの悪評を見ると、ドリームラインもあまり信用出来ないので注意してください。

特定商取引法に基づく表記が画像になっている

特定商取引法に基づく表記はネットショップの運営や、情報商材の販売をする際に、義務付けられているものです。
基本的には販売業者名や運営責任者、会社情報(電話番号、メールアドレス、住所など)、販売物に関する情報などが記載されるページです。
販売業者が消費者に向けて会社情報を公開するページなので、ここをしっかり表記していない会社は何か裏がある可能性があります。

ドリームラインの特定商取引法を見てみると、全て画像になっていました。
テキストで表記すればいいところをわざわざ画像にして公開しているのは何か理由があるのでしょう。
考えられる理由として、

  • 会社情報で検索された際に検索結果にこのページが表示されないようにするための対策
  • テキストコピーできないようにして簡単に連絡できないようにしている

などがあげられます。
GoogleやYahooなどの検索エンジンは、画像のテキストを認識することはできないため、画像に表記されているワードで検索しても検索結果に表示することができません。
しかし、集客を目的にしているサイトが、そのような行動に出るのは違和感があります。
電話番号などの会社情報で検索されたくない理由でもあるのでしょうか。

特定商取引法に基づく表記に書かれている住所に違和感

ドリームラインの特定商取引法に基づく表記に書かれていた住所を調べてみました。
Googleマップで見てみたところ、このような建物が表示されました。

ドリームライン_特定商取引法に基づく表記の住所

10階建てのビルが建っています
しかし、ドリームラインの住所「東京都品川区南大井6丁目17−7」には階数や部屋番号が書かれていません。
これではどの部屋にオフィスを置いているのかわかりません。
ドリームラインは本当にこの建物内にオフィスを置いているのでしょうか。

このように住所をはぐらかしているサイトは悪徳業者である可能性が高いので注意が必要です。
悪徳業者は、文字通り悪いことをしているため、騙された人が押しかけてきたり、通報されてしまえば、身元がバレ、すぐに逮捕されてしまいます。
そのため、本当の住所を表記するなんてことは、まずしません。
さすがに一軒家の住所を記載してしまうと法に触れてしまいそうですが、マンションやビルの階数や部屋番号を表記しなければ特定まではできないので、誰かに迷惑をかけることもなく、それっぽい住所表記ができてしまいます。
ただのビルではなく、バーチャルオフィスのビルの住所を表記しているところも多いです。
もし階数の開示を求められても、バーチャルオフィスの階数を提示すればいいからでしょうか。

ドリームラインがどのような理由で階数を表記していないのかはわかりませんが、このような住所を表記しているサイトは少し警戒した方がいいと思います。

内容について

ドリームラインのサイトを見ていると気になる記述が幾つか見えてきました。

まず、トップに書かれたこちらの文章ですが、

競馬予想サイト_ドリームライン_サイト内容について01

「業界大手・競馬ドリームライン」という言葉にまず疑問が浮かびました。
競馬情報サイト業界でドリームラインという大手サイトは聞いたことがありません。

それに、2016年度の新規会員を募集するとのこと。
サイトを見ると、2014年度、2015年度の会員からのメッセージが掲載されています。

競馬予想サイト_ドリームライン_サイト内容について03 競馬予想サイト_ドリームライン_サイト内容について02

さらに読み進めていくと、ドリームラインは10年前に設立したそうで、10年間勝ち続けているとのことです。

競馬予想サイト_ドリームライン_サイト内容について04

ドリームラインのドメイン取得日は2016年05月26日とかなり最近のもので、サイトを公開してから1ヶ月も経っていないサイトであることがわかります。
もしこのページが今年度用に新たに作られたサイトであればドメイン取得日は突っ込まなくてもいいのですが、ならばドリームラインは10年前からの知名度がなければなりません。

期間を絞ってドメイン取得日以前にドリームラインの話題がネット上に落ちているか調べてみました。
しかし、出てくるのは2016年の募集のみでほかの年度に募集が行われた様子もなければ、ドリームラインの実力に関する情報や口コミは見当たりませんでした
本当に10年前から運営している業界大手の競馬情報サイトなのでしょうか。
あまり信用できません。。。

一応登録してみたところ、このようなメールが届きました。

競馬予想サイト_ドリームライン_サイト内容について05

6月18日の朝にメールを送ってくれるそうです。
この時の情報で何か分かりそうですね。
ドリームラインは無料提供を謳っていますが、冒頭で言った業者のサイトである可能性が高い以上、すんなりと無料提供になるとは考えにくいです。
何かしらの理由をつけてお金を要求してくる可能性が考えられるので、注意した方がいいと思います。

馬ラボは、これまで1,000を超える競馬予想サイトを検証してきましたが『優良評価』したのはわずか40サイトほど。

どの検証サイトよりも厳しい評価基準を設けているため、当然ドリームラインのようなサイトは悪徳判定。

そんな馬ラボの厳しい基準を突破したサイトの中でも『ココだけは押さえて損なし!』と激推しする2つのサイトをお教えします。

まず紹介するのが、無料情報で重賞をコンスタントに当てている新サイトメガバックス

もう1鞍勝率が高い予想が受け取りたいのであれば競馬FIREも押さえておくといいでしょう。

勢いのある「新サイト」メガバックスと

的中率と回収率のバランスが良い競馬FIRE。

欲張りな方は合わせて使えば毎週稼ぐチャンスが2倍に!

周りと一歩差をつけるためにも両サイトは必須で押さえておきましょう。

▶メガバックスの無料予想を見る

▶競馬FIREの無料予想を見る

ドリームラインの口コミ評価

  1. たしかに 無料情報は的中しました。しかし、正式会員での情報は提供れーす全敗 かすりもなっかた。やっぱり無料情報はマグレだったんでしょう。

    ????
  2. 無料情報は、的中しました。
    これをどう見たら良いでしょう?
    素人の私には、判断がつきません。
    軸馬は、ガチガチの本命でした。
    詳しい方は、どんな判断をされるのか?
    宜しければ、ご教授下さい。

    飴ちゃん

ドリームラインの口コミを投稿する

ドリームラインのサイト説明・概要

サイト名ドリームライン
公式サイト http://www.dre-line.com/entry/
販売業者ドリームライン
運営責任者久保博光
電話番号-
メールアドレスaccess@dre-line.com
所在地東京都品川区南大井6丁目17−7
IPアドレス202.172.28.199
運営組織DigiRock, Inc.
ドメイン取得日2016年05月26日