アマンテビアンコの次走は?注目の白毛新馬に迫る!

アマンテビアンコ アイキャッチ画像

今回は期待の白毛牡馬であるアマンテビアンコについて紹介します。

  概要
馬名 アマンテビアンコ
血統 ヘニーヒューズ(父)×ユキチャン(母)
通算成績 4戦2勝(2-1-1-0)
主な勝ち鞍 カトレアS
馬主 シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム
調教師 宮田敬介(美浦)
募集情報 1口:8万円/500口
セリ取引価格 -
通算獲得賞金 720万円
POG投票数 246票

アマンテビアンコは真っ白な白毛が特徴の新馬です。

馬名はイタリア語で「白い恋人」という意味を差し、見た目から連想されてそう名付けられました。

2024年のクラシックに向けて2歳馬が注目されている中、アマンテビアンコもその注目株の一頭です。

まだまだ歴は浅いですが、躍動する日は来るのか。

本記事では、そんなアマンテビアンコの次走や過去レースについて完全網羅していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

また、記事の最後にはアマンテビアンコの次走に備えたい方に向けて、競馬予想に役立つ情報を記載していますので、興味があれば併せてご覧ください。

アマンテビアンコの次走はUAEダービーが濃厚(2024年1月現在)

アマンテビアンコの前走は2024年2月14日に開催された雲取賞競走です。

惜しくも2着に終わり、2レース続けて勝利とはなりませんでしたが、初の重賞レースにおいてもダート適正の高さを見せました。

そんなアマンテビアンコは、3月30日にドバイで開催されるUAEダービー(G2)へと予備登録をしており、出走が濃厚です。

初の海外挑戦となり、UAEダービーの後も米国3冠競走にも予備登録をしていると発表。

海外にも視点を当て、日本だけでとどまらない飛躍を目標に見ているのが見て取れますね。

ただ、アマンテビアンコは当初は2023年から新体制として発表されたダート3冠を視野に入れていると発表していました。

ダート3冠とは?
  • 2023年から創設される新体制の1つで、大井競馬場で開催される羽田盃(Jpn1)・東京ダービー(Jpn1)・ジャパンダートダービー(Jpn1)を総称したもの

米国3冠競走にも出走していくとなるとレースの時期的が重なる部分が多く、アマンテビアンコのコンデション的に難しい部分はあるでしょう。

 

幅広い選択を取るための選択だとは思いますが、優先順位や方針を固めなければアマンテビアンコの将来を壊してしまう危険性もあります。

ただどちらにせよ、日本でも海外でも活躍できるポテンシャルはあるので、運営方針が固まるまで待ちましょう。

今後の出走情報については更新され次第追記していきますので、楽しみにお待ちください。

アマンテビアンコのこれまでの出走成績をご紹介!

続いては、アマンテビアンコの出走経歴をご紹介します。

日程 開催競馬場 レース名 頭数 単勝オッズ 人気 結果 騎手 タイム
2024年2月14日 大井11R 雲取賞競走(G3) 16頭 2.7倍 2番人気 2着 C.ルメール 1:55.6
2023年11月25日 東京7R カトレアS(OP) 16頭 4.5倍 3番人気 1着 C.ルメール 1:37.5
2023年10月14日 東京9R プラタナス賞 14頭 2.0倍 1番人気 3着 C.ルメール 1:38.1
2023年6月17日 東京5R 2歳新馬 16頭 2.0倍 1番人気 1着 C.ルメール 1:25.5

これまでの戦績は4戦2勝。

これまでの戦績も良く、白毛最強といわれたソダシにも負けないポテンシャルが伺えます。

まだまだ将来性がある3歳馬なので、今後の活躍にも大きく期待できるでしょう。

では、次項目にてアマンテビアンコのレース内容を細かく確認していきましょう。

史上6頭目の白毛勝ち馬が勝ち星!2歳新馬戦

アマンテビアンコ 2歳新馬

単勝オッズ2.0倍という圧倒的人気の中出走した2歳新馬戦。

中団からスタートしたアマンテブランコは、レース終盤までペースを維持しながら走行します。

ラストの直線で外からぐんとスピードを上げ、前方を走っていた馬をあっという間に追い抜き、そのまま振り切ってゴールイン。

騎手のC.ルメール氏は「真面目に走っていた。まだ伸びしろがある。」と語っており、ポテンシャルを評価しているようでした。

JRAの白毛勝ち馬はこれで史上6頭目です。

歴代白毛馬最強と言わてれるソダシを抜く功績を残すことができるのか、まだまだ今後の活躍に期待しましょう。

見事な追い上げを魅せるも及ばなかったプラタナス賞

アマンテビアンコ 追記

新馬戦と同様、単勝オッズ2.0倍という大きな支持を得て挑んだプラタナス賞。

馬群後方から追走する形でスタートし、ペースを維持しながら走行します。

前有利の展開が進み、レース終盤にギアを上げるも2着馬に4馬身差をつけられ敗北。

騎手のC.ルメール氏は「手応え(反応)もちょっと遅かったです。ただ2回目(の競馬)で3着ならいい結果だと思います」というように、レースの反省をしつつねぎらいの声をコメントしています。

まだまだ戦歴が浅く、多くの課題がある馬ですが、今回の敗北を勝てにさらに飛躍して言ってほしいところですね。

アマンテビアンコの主戦騎手をご紹介!

アマンテビアンコの主戦騎手はC.ルメール氏です。

アマンテビアンコ C.ルメール

アマンテビアンコのデビュー戦をともに走ったのがC.ルメール騎手。

ルメール騎手は数いる騎手の中でもトップレベルの実力を持ち、競馬をしていれば必ず耳にする名役者です。

今後の鞍上がルメール騎手で確定しているわけではありませんが、引き続き担当となればこれ以上に頼もしいパートナーはいないでしょう。

ぜひ次走のプラタナス賞でも2人のタッグを見せてほしいものです。

アマンテビアンコのなんJの評価や評判を調査!

続いては、アマンテビアンコの評価を調査していきます。

2ch(5ch)で立てられたスレッドの中で、気になる内容をピックアップました。

アマンテビアンコ なんj

スレッドの中では評価はかなり高く、サラブレッドの中でも最高峰という声まで上がっています。

また、白毛で知られるシラユキヒメ系は基本的に好成績を残し続けており、アマンテビアンコもその一角を担って人気者になりそうというコメントまで。

確かにポテンシャルだけでいえば白毛最強のソダシに負けずとも劣らない印象はありますし、まだ2歳馬なので将来性も抜群です。

今後の活躍次第では白毛最強が更新される可能性もあるので、躍動に期待しましょう。

アマンテビアンコの出走予定や過去の成績まとめ

今回は期待の白毛馬であるアマンテビアンコについて紹介していきました。

現在は2戦のみしか走っておらず、そのレース内容はポテンシャルを感じるものばかり。

まだまだ活躍に期待できる馬で、今後の飛躍が楽しみです。

そんなアマンテビアンコの次走は現時点では確定していません。

分かり次第追記していきますので、楽しみにお待ち下さい。

【アマンテビアンコの次走に備えたい方】競馬予想に役立つマル秘情報を大公開!

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

本項目まで目を通していただいているあなたはきっと、競馬予想に役立つマル秘情報に関して少なからず興味を抱いていることしょう。

アマンテビアンコの次走はもちろん、注目の重賞や好きな競走馬が出走するレースなど、興味のあるレースではもちろん馬券を的中させて楽しみたいですよね。

そこで馬ラボがおすすめしたいのが、競馬予想サイトの情報を取り入れることです。

ご存じの方もいるかもしれませんが、競馬予想サイトはその名の通り、競馬予想のプロによる予想を公開しているサイトです。

その道に通じるプロがする予想ということで、その信憑性は抜群。

馬ラボでは、これまで200以上の競馬予想サイトを利用し、検証してきました。

今回ご紹介するのは、馬ラボが実際に検証を重ね、大きく稼ぐことに成功した競馬予想サイト。

もちろん登録料・月額費は一切かからないですし、情報は無料で受け取ることができるので、押さえておいて損はありません。

トクスル

エリザベス女王杯 トクスル

ご紹介するのはトクスルです。

  戦績
運営期間 2023年10月13日〜
的中率 85%
回収率 1312%
収支 +848,800円
口コミ評価 9割以上が高評価

トクスルの検証期間は2023年10月13日から現在まで。

比較的新しめのサイトですが、その性能は他サイトとは一味違います。

まず、現時点での成績が勝率8割超え・回収率1312%超えという驚異的な成績を維持

高配当が付く荒れたレースを安定して読み切る分析力を持ち、結果的に得られた配当の高さは圧倒的でした。

加えて、すべての買い目にプロが予想をするにあたっての根拠を記載しています。

これを見ることで、どんな根拠に基づいて馬選びをしているのかをしっかりと理解することができます。

まる乗り参加はもちろん、自身で競馬予想をする際にも参考になる情報なので、確実に押さえておきましょう。

▶トクスルの無料予想はこちら