中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の評価・評判

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~

nakajimatosihuminoweeklykeiba
悪徳

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の評価を検証してみた

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~という競馬予想サイトについて調べてみました。
気になった点を取り上げていきたいと思います。

競馬予想サイトではない?

中島敏文のweekly競馬は競馬予想サイトではないことを数か所で訴えています。
まず、サイトトップのこの文言です。

中島敏文のweekly競馬_競馬予想サイトを否定

調教師から馬券師として第2の競馬ライフを送る中島敏文が独自ルートで切り込み競馬情報をお伝えする[解説など]

この画像上部の文言では、競馬情報について「解説など」とわざわざ注釈が書かれています。
更に、中島敏文さんの人物画像の下には小さくこの様に書かれています。

※当サイトは競馬予想サイトではありません。

はっきりと競馬予想サイトではないことを主張してきました。
さらに、サイト下部の注意書きにもこの様に書かれています。

中島敏文のweekly競馬_競馬予想サイトを否定02

■当サイトについて
①当サイトは競馬の予想サイトではありません。上記で記載させて頂いております【情報分析一覧】の中から
情報を抜粋して会員様(お客様)に週1~2回にメルマガにてご案内させて頂いております。

やはり競馬の予想サイトではないようです。
ここまで強く否定するのなら、もっと全面的に競馬予想サイトではないことを主張したらいいのに、どうして、小さい文字でコソコソと否定しているのでしょうか
競馬予想サイトのように見せかけたい気持ちの方が大きいのでしょうか。

また、アフィリエイト広告による収入で運営しているとのことで、メールでアフィリエイト広告の案内も届くとのことです。
おそらく、こちらが本当の目的なのでしょう。

実際に登録してみた

実際に中島敏文のweekly競馬に登録してみました。
メールアドレスだけで登録できました。

登録すると、すぐに登録完了メールが届きました。
毎週(土曜日・日曜日)に競馬に役立つ情報を配信するとのことです。
メールでもしつこく注意書きで競馬予想サイトではないことを主張していました

注意書きの下に、早速PRの文字がありました。

中島敏文のweekly競馬_登録完了メール

これがアフィリエイト広告かと思いましたが、飛び先は「ワイルドターキー」というサイトで、こちらのサイトでも中島敏文さんが起用されています
しかも、ワイルドターキーは中島敏文のweekly競馬のドメインとよく似ています。
中島敏文のweekly競馬が「w-t-k.tokyo」なのに対し、ワイルドターキーは「w-t-k.net」となっています。
.以降の文字が変わっただけの、明らかに関連性があるようなドメインです。

中島敏文のweekly競馬の注釈ではアフィリエイト広告を流すと言っていましたが、これらのことから中島敏文のweekly競馬は自社サイトワイルドターキーへの誘導サイトの可能性が高いですね。

複数サイト運営している可能性がある

劇団競馬でも紹介しましたが、中島敏文のweekly競馬は同じ業者が運営していると思われるサイトが複数あります。

実際に中島敏文のweekly競馬、劇団競馬、馬ウォッチの3サイトを見比べてみると、サイトの下部の構成が非常に似ており、同じ運営者のサイトである可能性は高いと考えられます。

▼中島敏文のweekly競馬サイト下部

中島敏文のweekly競馬_サイト下部

▼劇団競馬サイト下部

劇団競馬_サイト下部

▼馬ウォッチサイト下部馬ウォッチ_サイト下部

しかし、これらのサイトは、それぞれ販売業者名が違っています。
運営は同じなのに、社名を変えていくつもサイトを持っている可能性があります
会社を分ける事は何らかのリスクを回避するために多くの悪徳業者が取る手法なので、これらのサイトには注意した方がいいかもしれません。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

悪徳競馬予想サイトと見破るのは難しいことです。
それは悪徳競馬予想サイトが優良競馬予想サイトに似せて作られているからです。

パッと見で区別するのは困難なことなので、競馬予想サイトを自分で選ぼうとするのは止めておきましょう。
馬ラボでも800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは10サイトもありません。

全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。

98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。
しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボで優良と認定した競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。
競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

リーク馬券 | 文句無し!2018年7月、最も管理人が稼いだサイト。

【08月05日】
小倉11R 小倉記念   877,400円
札幌08R 3歳上500万下   13,300円

【08月04日】
新潟07R 3歳未勝利 887,240円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

KEIBA TOWN | 的中・配当・回収。異次元のオールラウンダー。

【08月05日】
新潟09R 燕特別 1,231,450円

【08月04日】
札幌09R 3歳上500万下 594,400円

>>公式サイト(毎週無料予想の提供アリ)

 

そして!!!

週末は新潟競馬場で関屋記念が開催されます。

夏競馬も中旬に入り、盛り上がる事間違いなしの1レースです。

小回りの難しいコース、かつ混戦を制するのはどの馬でしょうか。

どのサイトも変わらず調子は良いので高確率で稼がせてくれると思いますが、

特にリーク馬券は昨年、新潟競馬場が得意で荒稼ぎしていたので、今年も期待していいと思います。

しっかりチェックして狙っていきましょう。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の口コミ評価

口コミはまだありません。
最初の口コミを投稿しませんか?

口コミを投稿する

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~に関する口コミを募集しています!

口コミ評価が高い無料で登録できるサイト

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の無料予想・無料情報

無料情報あり

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の有料情報・キャンペーン詳細

有料情報なし

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~のサイト説明・概要

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~は、調教師から馬券師として第2の競馬ライフを送る中島敏文が独自のルートで解説などの切り込み競馬情報を提供しているそうです。誰でも簡単にメールアドレスを登録するだけで、競馬のお役立ち情報が無料であなたの手に入るそうです。馬を生産する牧場があり、その馬を購入する馬主、馬を育てる調教師、競馬とはたった1頭の馬であってもそれぞれの関係者たちが携わる1つのドラマでもある、栗東や美浦のトラックマンなんだそうです。数々の競馬専門紙の新聞記者達、競馬新聞などで普段目にする予想印には打ち方のルールなどもあるそうで、そんな関係者しか知らない小ネタや調教師の話など楽しい面白いは当然のことながら、元JRAの調教師が素人、玄人の方にでも満足してもらえる情報を毎週配信するそうです。不定期開催で中島敏文への質問コーナーなどの意見BOXなども受け付けるそうです。重賞レースのデータ分析やレース回顧など役立つ内容が盛り沢山で、元騎手・元調教師だからわかること、その視点で見た、その立場で得た情報を提供するそうです。情報分析にはたくさんの要素があるそうです。春夏秋冬ある、季節で夏には牝馬が強かったり、冬だけよく走る冬将軍なんて言葉もあるくらい天候・天気は重要な要素になるそうです。馬場状態は、晴れでの良馬場発表、大雨での不良馬場など、他にも稍重・重など芝やダートも含め相性があるそうです。東京・中京などの左回り、中山だけ走る中山巧者などコースによって様々なコースとの相性もあるそうです。外国人騎手や今年ノッているリーディングジョッキーや、得意コースやG1でのテン乗りなど騎手との兼ね合いもあるそうです。牝馬限定レースや2歳、3歳限定レース、歳やハンデ戦などでの斤量の違いも要素になるそうです。ロスの少ない内枠有利、揉まれない外枠、奇数・偶数の枠入りの順番など頭数や枠順も関連するそうです。スローペースからくる逃げや先行、直線の長い競馬場での差しや追い込みなどの展開や戦略、体調不良や輸送での体重減、2歳・3歳での成長からくる体重増、休養明けや調教での体重のプラスマイナスなど体重や調教状況、スプリンターやステイヤー、芝向き、ダート向き、血統からくる相性など血統や過去のレース傾向、馬の状態や記者宛のコメント、真実だけ発表するわけではなく、駆け引きや兼ね合いも含めて調教状況と記者へのコメントや駆け引き、元騎手、元調教師だから知り得る現役関係者や馬主からの極秘情報など様々な要素があるそうです。元JRA騎手・調教師の中島敏文さんは、元美浦のトレセンに所属していたそうです。1969年に騎手デビューを果たし、通算253勝の成績を残しているそうです。重賞勝ちは日経新春杯(スズカシンプウ)やクイーンステークス(ハッピーオールトン)のようです。1991年に調教師に転身し、以来ここまで150勝を挙げてきたそうです。重賞勝ちは1999年の阪神牝馬特別(ハイフレンドコート)があるそうです。父である中島時一も元騎手のようで、元調教師で東京優駿をレコードタイムで制覇し、兄の中島啓之も東京優駿も含め、八大競走を制覇した父子初のダービージョッキーなんだそうです。競馬一家で育ち、そのDNAを受け継いでる本人も当然ながら騎手になり、その後は調教師になり、現在に至るそうです。中島時一や中島啓之の弟として競馬関係者の重鎮から可愛がられ、今でも競馬界に太いパイプを持っているそうです。競馬界のサラブレット中のサラブレットのようです。数々の功労、功績を残してきたのが中島ファミリーなんだそうです。

サイト名中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~
公式サイト http://w-t-k.tokyo/
販売業者株式会社JUN
運営責任者佐藤俊輔
電話番号03-3261-8166
メールアドレスinfo@w-t-k.tokyo
所在地東京都新宿区西新宿1-4-6
IPアドレス59.106.19.217
運営組織SAKURA Internet Inc.
ドメイン取得日2015年03月12日