競馬予想サイトを徹底検証!本気で勝つサイトを紹介します。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の評価・評判

悪徳競馬予想サイトの可能性が高いです。

悪質なサイトに気をつけてください。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~を検証・調査してみました

今回は中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~を検証していきます。

どんな予想を提供し、どんな人物が予想を提供しているのか。

馬ラボが詳しく調べてみました。

また、記事の最後には馬ラボがオススメする「稼げる競馬予想サイト」を紹介しているので、是非最後まで御覧ください。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~は競馬予想サイトではない?

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~は競馬予想サイトだと思っていましたが、公式サイトを見てみると以下のような記載がされていました。

中島敏文のweekly競馬_競馬予想サイトを否定

「調教師から馬券師として第2の競馬ライフを送る中島敏文が独自ルートで切り込み競馬情報をお伝えする[解説など]

この画像上部の文言では、競馬情報について「解説など」とわざわざ注釈が書かれています。

更に、中島敏文さんの人物画像の下には小さくこの様に書かれていました。

※当サイトは競馬予想サイトではありません。

はっきりと競馬予想サイトではないことを主張してきました。

さらに、サイト下部の注意書きにもこの様に書かれています。

中島敏文のweekly競馬_競馬予想サイトを否定02

画像が読みづらい方のために該当部分を抜粋しました。

それがこちら。

■当サイトについて
①当サイトは競馬の予想サイトではありません。上記で記載させて頂いております【情報分析一覧】の中から
情報を抜粋して会員様(お客様)に週1~2回にメルマガにてご案内させて頂いております。

やはり競馬の予想サイトではないようです。

ここまで強く否定するのならもっと全面的に競馬予想サイトではないことを主張したらいいはず。

にも関わらず、なぜ小さい文字でコソコソと否定しているのでしょうか。

競馬予想サイトのように見せかけたい気持ちの方が大きいのでしょうか。

また、アフィリエイト広告による収入で運営しているとのことで、メールでアフィリエイト広告の案内も届くとのことです。
おそらく、こちらが本当の目的なのでしょう。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~に登録してみた

実際に中島敏文のweekly競馬に登録してみました。

登録は簡単で、登録フォームにメールアドレスを入力するだけ。

するとすぐに登録完了メールが届きました。

毎週土曜日と日曜日に競馬に役立つ情報を配信するとのことです。

メールでもしつこく注意書きで競馬予想サイトではないことを主張していました。

注意書きの下に早速、PRの文字がありました。

中島敏文のweekly競馬_登録完了メール

これがアフィリエイト広告かと思いましたが、飛び先は「ワイルドターキー」というサイトで、こちらのサイトでも中島敏文さんが起用されています。

しかも、ワイルドターキーは中島敏文のweekly競馬のドメインとよく似ています。

中島敏文のweekly競馬が「w-t-k.tokyo」なのに対し、ワイルドターキーは「w-t-k.net」となっています。

.以降の文字が変わっただけの、明らかに関連性があるようなドメインです。

ドメインとはサイトを運営するのに不可欠なもので、ドメインが無ければサイトを運営したりユーザーがサイトに登録することが出来ず、サイト側が予想を提供することも出来ません。

中島敏文のweekly競馬の注釈ではアフィリエイト広告を流すと言っていましたが、これらのことから中島敏文のweekly競馬は自社サイトワイルドターキーへの誘導サイトの可能性が高いですね。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の運営会社について

中島敏文のweekly競馬は同じ業者が運営していると思われるサイトが複数あります。

実際に中島敏文のweekly競馬、劇団競馬、馬ウォッチの3サイトを見比べてみると、サイトの下部の構成が非常に似ており、同じ運営者のサイトである可能性は高いと考えられます。

中島敏文のweekly競馬サイト下部がこちら。

中島敏文のweekly競馬_サイト下部

劇団競馬サイト下部がこちら。

劇団競馬_サイト下部

そして、馬ウォッチサイト下部がこちらです。馬ウォッチ_サイト下部

しかし、これらのサイトは、それぞれ販売業者名が違っています。

運営は同じなのに、社名を変えていくつもサイトを持っている可能性があります。

1つのサイトが無くなってももう片方のサイトで詐欺行為を続ける。

そういう魂胆でしょう。

このように複数のサイトを運営し、他のサイトに誘導させる方法は詐欺サイトにありがちな手法なので、決して利用しないようお気をつけ下さい。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~はもう存在しない?

前回の検証からしばらく経過しましたが、ユーザーからあるタレコミをキャッチしました。

サイトってまだありますか?
メールしつこいから配信停止させようとしてサイトに言ったらページ自体無くなってた。【エマ様】

なんと、もうサイト自体存在していないとのこと。

確かめるため、実際にサイトページに飛んでみると・・・。

中島サイト存在しない

口コミ通り、サイトは無くなっていました。

なぜサイトを消したのか。

理由はわかりませんが、なんの告知も無く消したということは何か後ろめたいことでもあったのでしょうか?

もしも、「w-t-k.net」に似たドメインのサイトがあるとしたら中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~と同じ運営会社の場合も考えられるので、決して登録しないようにしましょう。

悪徳競馬予想サイトに騙されないでください。

 馬ラボでは、800を超える競馬予想サイトを検証してきましたが、優良と判断できたサイトは極わずか。 全体の98.75%は悪徳競馬予想サイトなのです。 98.75%の確率で負ける勝負をしたいとは思いませんよね。 しかも、負けには数万円の出費がもれなく付いてきます。

以下に馬ラボが厳選した優良競馬予想サイトの先週の実績を記載しておきます。 競馬予想サイト選びの参考にどうぞm(_ _)m

圧倒的な的中率ならココ!!

・ホライズン

【10月18日】 京都11R 220,550円
公式サイトはこちら

圧倒的な回収率はココ!!

・ファイナルホース

【10月17日】 京都3R 359,840円
公式サイトはこちら

そして!!!

10月25日は京都競馬場で菊花賞(G1)が開催されます。

主な出走予定馬は・・・。

  • コントレイル
  • サトノフラッグ
  • ヴェルトライゼンデ

などなど、重賞レースで結果を残している馬が多数出走予定の、混戦模様なレース展開が想定されます。

そんな菊花賞(G1)の開催地である京都競馬場ではホライズンを筆頭にファイナルホースなどが実力を発揮しています!

今週も盛り上がること間違いなしなので、ぜひ一緒に競馬を楽しみましょう。

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の口コミ評価

  1. サイトってまだありますか?
    メールしつこいから配信停止させようとしてサイトに言ったらページ自体無くなってた。

    エマ
  2. しつこく他のサイトに誘導してくる。

    匿名
  3. 本日、競馬情報研究所 株式会社アローズ 中島敏文と書かれた案内が届きました。電話してみたら応募者が殺到しているので、後ほどかけ直すとの事。

    その間に調べてみましたら超極悪詐欺師であることが判明しました。
    申し込みをしなくて良かったであう。このサイトに感謝です。
    ありがとうございます。

    白クマくん

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~の口コミを投稿する

中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~のサイト説明・概要

サイト名中島敏文のweekly競馬 ~元JRA調教師の相馬眼~
公式サイト http://w-t-k.tokyo/
販売業者株式会社JUN
運営責任者佐藤俊輔
電話番号03-3261-8166
メールアドレスinfo@w-t-k.tokyo
所在地東京都新宿区西新宿1-4-6
IPアドレス59.106.19.217
運営組織SAKURA Internet Inc.
ドメイン取得日2015年03月12日